ハイパープレップキット (for illumina)

ハイパープレップキット (for illumina)

(KAPA Hyper Prep Kit (for illumina))

KAPA BIOSYSTEMS

製品概要

★★ライブラリー調製キットトライアルキャンペーン対象品★★

▶▶ キャンペーン詳細ページはこちら
▶▶ お申し込み専用ページはこちら


特長

微量DNAサンプルからのライブラリー調製に最適 “1ng~
サンプル調製時間の短縮 “Total 2~3時間” (従来:約5時間)
新組成バッファーによるライゲーション効率の更なる向上により、インプットサンプル"100ng~"の
"PCRフリーライブラリー調整"が可能に
全ゲノムシークエンス、ターゲットシークエンス、ChiP Seqなどの微量インプットサンプルに対応
ハイフィデリティーエンジニア酵素(KAPA HiFi)による増幅バイアスの低減でシークエンスカバー率を向上
アジレント・テクノロジー社 SureSelect XTターゲットエンリッチメントシステムとの組み合わせ
(一番下をご覧ください)
により、WES(全エクソン解析)も可能

ライブラリーの収量増大とシークエンス・クオリティーの向上

ライゲーション効率の向上による高いライブラリー収量
エンジニア酵素(KAPA HiFi)による低いDuplication Rateと高いカバレッジを実現

ライブラリー作製を3時間以内に!

エンドリペアとA-テーリングの酵素反応を一元化し、SPRI精製なしでアダプターライゲーション反応へ
One-TubeワークフローによりSPRI精製ステップを最小限に減らし、PCRフリーなら2時間以内、PCR増幅を必要とする場合でも3時間以内のハンズオン・タイムを実現
最小限の操作ステップにより、ライブラリー作製の一貫性と再現性を向上

最新プロトコール SeqCap EZ HyperCap

SeqCap EZターゲットエンリッチメント・システム(ハイブリダイゼーションキャプチャー技術に基づいたシステム)のライブラリー調製ステップにおいてKAPA HyperPrep (または HyperPlus Kit) を採用する事による、ワークフロー全体の劇的な時間短縮を実現した効率的なプロトコール SeqCap EZ HyperCapがリリースされました。
本ワークフローは、アプリケーションに特化した効率的かつ合理的、そして自動化にも最適なアプローチです。


▶▶▶SeqCap EZ HyperCap ワークフローのカタログ(英語)はこちら

関連製品

FastGene Adapter Kit(イルミナ用)
・アダプター濃度が既知(30μM)のため、インプットサンプル量に応じたライゲーションの最適化が可能です
・KAPA Library Quantification Kitを用いてアダプター付加済みライブラリーDNAの定量を行うことで、製品のQCとしています

KAPA HyperPlus Kits
・断片化装置フリーの進化版キット
・インプットDNA量(1ng-1ug)やサイズに依存せず、プロトコールに記載された温度と時間のみで目的サイズに断片化でき、ワンチューブでそのままライブラリー調製まで可能な画期的なキット

SureSelect XT (アジレント・テクノロジー社)との組み合わせによる使用

組み合わせに必要な試薬については、下記のアジレント・テクノロジー社 製品ページを是非、ご覧ください。
<SureSelect XT + KAPA Hyper Prep>

FFPE や 血中 Cell Free DNA の次世代シーケンスに強力なソリューション
▶ 50 – 200 ng の FFPE DNA サンプル に対応
▶ 10 ng の高品質DNA に適用可能
▶ Cell Free DNA へ適用できる可能性
▶ 品質の低い FFPE DNA でも PCR Duplication % を抑え 高いカバレッジを実現
▶ Bravo NGS 自動化システムにも対応
▶ イルミナシーケンサ対応

アジレント・テクノロジー社 製品ページはこちら
リーフレット情報はこちら
 

文献情報

1. Library Construction from Subnanogram DNA for Pelagic Sea Water and Deep-Sea Sediments
(遠洋海水および深海堆積物中のサブナノグラムDNAからのライブラリー構築)


Miho Hirai1, Shinro Nishi1,2, Miwako Tsuda2, Michinari Sunamura2,3, Yoshihiro Takaki1,2,4*, and Takuro Nunoura1,2
Microbes Environ. Vol. 32, No. 4, 336-343, 2017

 

2. De Novo Assembly of the Transcriptome of Turritopsis, a Jellyfish That Repeatedly Rejuvenates
ZOOLOGICAL SCIENCE 33: 366–371 (2016)

 

関連動画

Cancer Research Challenge / がん研究におけるターゲットエンリッチメント・シークエンスとそのライブラリー調製(AACR 2017にて)

 

動画再生はこちらから

仕様

KAPA Hyper Prep Kit
【キット内容】
●エンドリペア&A-テーリングバッファー
●エンドリペア&A-テーリング酵素
●ライゲーションバッファー
●DNAライゲース
●KAPA HiFi HotStart ReadyMix
●ライブラリー増幅プライマーミックス

*アダプターは含まれておりません。
*磁気ビーズ”AMPure XP”は含まれておりません。

*PCR酵素なしのキットにはKAPA HiFi HotStart ReadyMixは含まれておりません。

【保存条件】
●-20℃で製造日より1年間保管できます。

KAPA Adapter Kit(イルミナ用)
【仕様】
濃度 30μM
容量 24インデックス 各20μl (Index No. 1-16、18-23、25、27)

【保存条件】
●-20℃
※ご注意:性能に影響するため、氷上でご使用いただくなど、出来る限り室温より低い温度でお取り扱いください

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
CatNo.概要単位価格在庫
KK8500 KAPA Hyper Prep Kit / 8反応分 1キット 在庫わずか
KK8502 KAPA Hyper Prep Kit / 24反応分 1キット 在庫わずか
KK8504 KAPA Hyper Prep Kit / 96反応分 1キット お問い合わせください 受注発注品
KK8501 KAPA Hyper Prep Kit / PCR酵素なし / 8反応分 1キット お問い合わせください 受注発注品
KK8503 KAPA Hyper Prep Kit / PCR酵素なし / 24反応分 1キット お問い合わせください 受注発注品
KK8505 KAPA Hyper Prep Kit / PCR酵素なし / 96反応分 1キット お問い合わせください 受注発注品
FastGene Adapter Kit(イルミナ用)
FG-NGSAD24 FastGene Adapter Kit (24インデックス No.1-16, 18-23, 25, 27 各20ul)
販売中止
1キット 販売中止

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

関連記事(UP! Online)

アプリケーションノート

技術資料

FAQ

使用方法・
技術的内容
インプットDNA量に応じて、ライゲーション時に使用するアダプターの濃度が変わってくるようですが、イルミナ社純正のTruSeqアダプターキットを用いる場合、濃度は何uMで計算するのでしょうか。
公表されておりませんので、濃度はあくまで推定となります。(詳細はお問い合わせください。)
私どもとしましては、Kapa社から提供されているKAPA Adapter Kit(KK8260)を
ご使用いただくことをお奨めしております。
http://www.n-genetics.com/product_detail.html?item_id=4684

 ・濃度が既知(30uM)ですので、インプットサンプル量に応じたライゲーションの最適化が可能
  
 ・Kapa社のキットを用いてライゲーション効率が品質管理されている

トラブルシュートやサポートの面も含め、やはり濃度が既知のアダプターをお使いいただいた方が
本キットの性能を最大限に生かすことが出来ます。
使用方法・
技術的内容
PCRフリーでライブラリー調製を行った場合、インサートの両側にアダプターが正しくライゲーションされなかったものも残存します。 この場合、ライブラリー濃度をqPCRで定量すれば、シーケンスに影響しないでしょうか。
ライブラリー増幅(PCR)の有無にかかわらず、インサートの両側にアダプターが正しくライゲーションされなかったものは残存いたします。
確かにPCR増幅した場合、両側にアダプターが付いたライブラリーのみ増幅しますので、サイクルごとに全体に対する割合は減少いたしますが、依然として残存はしております。

この両側にアダプターがライゲーションしなかったライブラリーは、フローセル上でブリッジPCRが掛かりませんので、シーケンスに必要なクラスターを形成しません。
ですので、基本的にはシーケンスデータには影響いたしません。
しかし、qPCR以外の方法で濃度測定すると、正しくアダプターが結合したライブラリーとの区別がつかないため、適切な濃度でフローセルに添加したつもりでも、実際に形成されるクラスター数が少なくなってしまい、結果的にデータ量が少なくなってしまいます。

このため、qPCRでライブラリー濃度を定量いただくことで、いずれの場合でも、両側にアダプター配列を持つ正しいライブラリーの濃度が測定でき、結果として安定したクラスター数が得られます。
トラブル
シュート
ライゲーション効率が改善されたとの記載がありますが、従来のライブラリー 調製(LP)キット(KK8200)のシリーズと比較しても変更されているのでしょうか。
KAPA社 Hyper Prep Kitは、これまでの製品よりも効率が改善されております。
  
アダプターのライゲーションまでには「エンドリペア」「Aテーリング」「ライゲーション」3種類の酵素が使用されております。
これまでのキットをご採用いただいた方には、こちらの酵素自体の性能を高くご評価いただいておりました。
HyperPrepKitでは、これらの酵素自体はこれまでのキットと全く同じ酵素が使用されております。
しかし、プロトコールと反応バッファーを改善することで、よりサンプルロスのリスクが少なく、更に効率的なライゲーションが実施できるよう工夫されております。

この製品に関するFAQ一覧

レビュー

レビューはまだ投稿されていません。投稿をお待ちしております。

レビューを書く

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ