RNAハイパープレップキット (for illumina)

RNAハイパープレップキット (for illumina)

(KAPA RNA HyperPrep Kit (for illumina))

KAPA BIOSYSTEMS

製品概要

特長

さまざまなニーズに対応するワークフロー
KAPA RNA HyperPrepのワークフローは、mRNAキャプチャー、rRNA除去用のRiboErase(HMR)、
rRNA+グロビン除去のRiboErase(HMR)Globin、RNA濃縮を用いないRNA Hyperの4種類のフォーマットで利用可能です。
お客様の用途にあった最適なワークフローを選択できます。

• 複数の酵素反応をワンチューブ内で行い、ビーズ精製ステップを最小限に減らし、目的RNAの前処理ステップを含めてRNAライブラリー調製を1日で終わらせることが可能です。
• KAPA HiFiエンジニア酵素により増幅バイアスを低減し、GCリッチ或いは低発現な遺伝子におけるシークエンスカバー率を向上させます。
• 様々なサンプルからストランド特異的なライブラリーを調製します。
• 精製用のKAPA Pure Beadsが付属されています。

① KAPA RNA HyperPrep Kit

• 1ng-100ng トータルRNAからストランド特異的なライブラリーを調製
• ターゲットRNA-Seq、トランスクリプトーム解析、など
• 複数の酵素反応をワンチューブ内で行い、ビーズ精製ステップを最小限に減らしたこ
とで、ライブラリー調整を約4時間で終わらせることが可能です。

② KAPA RNA HyperPrep Kit with RiboErase(HMR)

• ヒト、マウスまたはラットで25ng-1μg トータルRNAからストランド特異的なライブラリーを調製
• non-coding RNA、トランスクリプトーム解析など
• rRNA除去用試薬が付属しています。

③ KAPA RNA HyperPrep Kit with RiboErase(HMR)Globin

• ヒト、マウスまたはラットの血液サンプルからのグロビン除去試薬がキットに付属しています。

• ヒト、マウスまたはラットで25ng-1μg トータルRNAからストランド特異的なライブラリーを調製
• non-coding RNA、トランスクリプトーム解析など

• rRNA除去用試薬が付属しています。

④ KAPA mRNA HyperPrep Kit

• 50ng-1μg トータルRNAからストランド特異的なライブラリーを調製
• mRNAキャプチャービーズが付属されています。

 

RNA HyperPrepシリーズのキーベネフィット

①簡略化されたシングルチューブワークフローでライブラリー調製の時間を短縮しました。

 

 

 

RNA HyperPrepシリーズのキーベネフィット

②多様なアプリケーションに対応するフレキシブルなオプションが選択できます。

 

さまざまなストランド特異的アプリケーションに使用可能

 


 

関連製品

KAPA Unique Dual-Indexed Adapter Kit

・KAPAが開発した独自配列のユニーク・デュアルインデックスアダプター
・従来のDual Indexアダプターでは解決できなかった「インデックスホッピング」に対応可能

illumina社Experiment Managerの設定資料あり

・整列化フローセル装置でのインデックス・ミスアサインメントの抑制に効果的なユニークインデックス

・NGSでのQCを実施した高品質アダプター




無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
  • CPキャンペーン価格
  • ECEC going 特別価格

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)14:30迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo. メーカーコード・旧型番 概要 単位 価格 在庫 カートに入れる お気に入り
KAPA RNA HyperPrep Kit
KK8540 8098093702 KAPA RNA HyperPrep Kit
KK8542 : RNA Hyper(24rxn)
KK8543 : Pure Beads(3.2ml)
24回用 お問い合わせください 受注発注品 返品不可 BPM
KK8541 8098107702 KAPA RNA HyperPrep Kit
KK8544 : RNA Hyper(96rxn)
KK8545 : Pure Beads(3 x 5ml)
96回用 お問い合わせください 受注発注品 返品不可 BPM
KAPA RNA HyperPrep Kit with RiboErase(HMR)
KK8560 8098131702 KAPA RNA HyperPrep Kit with RiboErase(HMR)
KK8481 : KAPA RiboErase HMR(24rxn)
KK8542 : RNA Hyper(24rxn)
KK8546 : Pure Beads(2 x 3.2ml)
24回用 お問い合わせください 受注発注品 返品不可 BPM
KK8561 8098140702 KAPA RNA HyperPrep Kit with RiboErase(HMR)
KK8482 : KAPA RiboErase HMR(96rxn)
KK8544 : RNA Hyper(96rxn)
KK8001 : KAPA Pure Beads(30ml)
96回用 お問い合わせください 受注発注品 返品不可 BPM
KAPA RNA HyperPrep Kit with RiboErase(HMR)Globin
KK8562 8308314702 KAPA RNA Hyper+RiboErase(HMR)Globin 
KK8481 : KAPA RiboErase HMR(24rxn) 
KK8542 : RNA Hyper(24rxn) 
KK8546 : Pure Beads(2 x 3.2ml) 
KK8478 : KAPA Globin Depletion Oligos
24回用 お問い合わせください 受注発注品 返品不可 BPM
KK8563 8308241702 KAPA RNA Hyper+RiboErase(HMR)Globin 
KK8482 : KAPA RiboErase HMR(96rxn) 
KK8544 : RNA Hyper(96rxn) 
KK8001 : KAPA Pure Beads(30ml) 
KK8479 : KAPA Globin Depletion Oligos
96回用 お問い合わせください 受注発注品 返品不可 BPM
KAPA mRNA HyperPrep Kit
KK8580 8098115702 KAPA mRNA HyperPrep Kit
KK8440 : KAPA mRNA Capture Kit(24rxn)
KK8542 : RNA Hyper(24rxn)
KK8543 : Pure Beads(3.2ml)
24回用 お問い合わせください 受注発注品 返品不可 BPM
KK8581 8098123702 KAPA mRNA HyperPrep Kit
KK8441 : KAPA mRNA Capture Kit(96rxn)
KK8544 : RNA Hyper(96rxn)
KK8545 : Pure Beads(3 x 5ml)
96回用 お問い合わせください 受注発注品 返品不可 BPM

EC going 及び BPM購入システムとは?
EC going FAQ

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

関連記事(UP! Online)

UP!Onlineサイトの新着情報がタイムリーに届く、無料のWEB会員サービスはご存知ですか? 会員様限定キャンペーンもどんどん増えてます。登録はお早めに!

会員登録(無料)

FAQ

使用方法・
技術的内容
KAPA RNA HyperPrep Kit with RiboErase (HMR)に付属しているリボソームRNA除去用試薬類はバクテリアのrRNAを除くことは可能ですか。
KAPA RNA HyperPrep Kit with RiboErase (HMR)付属のリボゾームRNA除去試薬(RiboErase)は、ヒト、マウス、ラット用に開発されました。 このため、大変恐縮ですが、バクテリアのrRNA除去には適しておりません。 参考までに、お客様の中には、他社のrRNA除去用キットでrRNA除去を行った後に、 KAPA Stranded RNA-Seq KitやKAPA RNA HyperPrep Kitを用いて RNAライブラリを調製されている方もいらっしゃるようです。
使用方法・
技術的内容
本キットをPCR産物を用いたAmplicon Seqのライブラリー調製に使用する予定です。 できれば、PCR産物を断片化せずにそのまま本キットに使用したいと考えております。 以下の2点について教えてください。 (1)このキットのEnd repair酵素は、リン酸化活性も保有しますか。 (2)サンプルのPCR産物はA突出末端となりますが、End Repair&A-Tailingのステップをスキップすることは可能でしょうか。
(1)はい、本キットのEnd repair酵素は、リン酸化活性も保有します。 (2)いいえ、推奨プロトコールどおり実施ください。リン酸化を行う、ということもありますが、KAPA HYPER PREP Kitは、End Repair&A-Tailing反応後、精製せずにそのままLigation酵素とバッファーを追加してLigationを行うプロトコールとして開発されております。 このため、Ligationの反応組成は、前ステップのEnd Repair&A-Tailing反応組成も含めて最適化されております。 *補足 PCR産物をインプットDNAとして用いる際は、必ず事前にPCR反応液の精製を行ってください。持ち込まれたPCR反応液がキットの酵素反応に影響を及ぼします。

2件 /2件を表示

この製品に関するFAQ一覧

レビュー

5 1件のレビュー

レビューを書く

5.0

2019年06月07日

rRNA-depletion 方式の RNA-seq kit としてファーストチョイスになると思います

rRNA-depletion 以降からの Library 調整のステップがより簡素化・高速化されているため、実務作業として楽に感じられました。
従来の製品より、より安定して RNA-seq を運用できると期待されます。
RNaseH 方式による rRNA-depletion では、RNA 溶液を 45℃ に保ったまま次の試薬を加えて混ぜる必要があるのですが、
この過程は比較的煩雑に感じました。しかし、再現性の有る rRNA-depletion が行えたのでとても満足しました。
Poly-A RNA-seq だと上述のような煩雑な過程を必要としないため、さらに簡便です。実際に操作を行うにあたり、
注意点が詳細にプロトコルに書かれていますので、問題は特に感じずプロトコル通りに進めるだけで問題ないと感じました。
十分な精度が安定して出ているため、 rRNA-depletion 方式の RNA-seq kit としてファーストチョイスになると思います。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「効果的なstranded RNA-Seq用ライブラリー調製キット選定評価試験~ Embryonic stem cel(l ES cell)およびPrimitive endoderm cel(l PrE cell)を用いたrRNA depletion RNA-Seq ~」
⇒ ダウンロードはこちら

理化学研究所情報基盤センター バイオインフォマティクス研究開発ユニット 梅田 茉奈 様、林 哲太郎 様、笹川 洋平 様、二階堂 愛 様

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ