857views
  • お客様事例

100倍対物レンズを使用した共焦点蛍光顕微鏡観察におけるガラスとibidiポリマーの性能比較

筑波大学 医学医療系
宮本 崇史 様

お客様のコメント

プラスティックボトムにもかかわらず、ガラスボトムディッシュと同じような感覚で蛍光撮影ができたのは驚きでした。明視野撮影であれば、ガラスボトムよりibidiポリマーのほうがきれいに観察できる点もお勧めできるポイントです。

857views

概要

【Cat.No. ib81156】

ibidi μ-Dish 35mm Highの底面素材には“ibidiポリマー”が採用されています。このibidiポリマーは、高倍率の蛍光顕微鏡観察において優れた性能を発揮します。
本アプリケーションノートでは、小胞体(ER)およびミトコンドリアを対象とした、100 倍対物レンズを用いたオルガネラの蛍光観察に、ibidi μ-Dish 35mm Highを使用し、ガラスボトムディッシュと比較検証を行いました。
この結果、ibidiポリマーを採用したディッシュでは、ガラスボトムディッシュと遜色ないレベルで観察できることがわかりました。

関連シリーズ

お問い合わせはこちら