696views
  • お客様事例

BluePippinを用いた長鎖ライブラリーのサイズセレクションによるPacBioシークエンス長の改善

国立がん研究センター研究所 がんゲノミクス研究分野
新井 康仁 様

お客様のコメント

長鎖のDNA断片を効率的にシークエンスすることができた。

696views

概要

【Cat.No. BLU0001】

現在の主要な次世代シークエンサーにおいては、一般的に短いライブラリーほど優先的にデータが得られやすいため、相対的に長いライブラリーのデータは得られ難くなる。
この場合、「サイズセレクション」により、不要な短いライブラリーを除去し、目的サイズのライブラリーを分画回収することで、より効果的に目的のデータを得ることが可能となる。
今回、スメアなヒトゲノムDNAサンプルから作製したPacBio用SMRTbellライブラリーについて、自動DNA断片ゲル抽出システムBluePippinを用いて4 kb以上の長鎖ライブラリーを分画回収することで、シークエンス長が改善可能か、検証した。

関連シリーズ

お問い合わせはこちら