FastGene™スクリプテース II

FastGene™スクリプテース II

(FastGene™ Scriptase II)

FastGene

製品概要

お知らせ

【2019年7月 新製品発売のお知らせ】

FastGene™ ScriptaseⅡ 5ⅹReadyMixはこれまで逆転写用プライマーとしてランダムヘキサマーのみが
含まれている製品(NE-LS64)を販売してまいりましたが、この度更にオリゴdTプライマーを追加した
NE-LS65を新発売いたしました。

ご案内文は>>>こちら

概要

逆転写酵素&cDNA合成キット

組み換え型逆転写酵素は、極めて少量のRNA からのcDNA合成を可能にします。
MuLV逆転写酵素のリボヌクレアーゼHのドメインに突然変異が挿入されているため、1番目のストランドの合
成間にもRNA の分解が起こらず、全長cDNA がより高い収量で得られます。また、熱安定性が上がるため酵素
の頑強性も向上します。FastGeneTMScriptase II は、まさにその特性を持った組み換え酵素です。RNaseH
のドメインにおける突然変異と熱安定性の向上を持つFastGeneTM Scriptase IIは、RT-qPCRやNGSなど、
より複雑なアプリケーションに最適な選択です。
アプリケーション
Cat.No. 包装単位キャンペーン価格(税抜)
NE-LS53 FastGeneTM Scriptase II(200 U/μlで20.000ユニット) 100 反応分¥35,000
NE-LS63 FastGeneTM Scriptase II cDNA Synthesis
(酵素とオリゴdT、ランダムヘキサマー、RNase阻害剤) 100 反応分¥52,500
42°C 50°C
遺伝子1(738 bp)
遺伝子2(395 bp)
遺伝子3(184 bp)
FastGeneTM Scriptase II
Competitor I-SS II
FastGeneTM Scriptase II
Competitor I-SS II
図1. 他社I のSS-II 酵素およびFastGeneTM Scriptase II で
作成したcDNA を用いたマルチプレックスPCR の比較
(42℃および50℃)。
図2. 他社I のSS-II 酵素およびFastGeneTM Scriptase II
を42℃で使用し、異なったRNA 初期濃度で作成した
GAPDH およびcDNA のプリマーを用いたqPCR 実験
の結果の比較。
図3. 他社I のSS-II 酵素およびFastGeneTM Scriptase
II を42℃で使用し、異なったRNA 初期濃度で作成した
YWHAZ およびcDNA のプリマーを用いたqPCR の結
果の比較。
比較(GAPDH、qPCR)
■ FastGeneTM Scriptase II
■ 他社I のSS-II
RNA 濃度
CT 値
比較(YWHAZ、 qPCR)
■ FastGeneTM Scriptase II
■ 他社I のSS-II
RNA 濃度
CT逆転値逆転写酵素&cDNA合成キット

FastGeneTM Scriptase Ⅱは、少量のRNAからcDNAを合成することができるエンジニアード酵素です。MuLV逆転写酵素のRNaseHドメインに変異が導入されているため、1st strand cDNA合成中にRNAの分解は起きません。そのため、全長cDNAがより高い収量で得られます。加えて、酵素自体のRobust性が上がったため、熱安定性が向上しています。
FastGeneTM Scriptase Ⅱは、RT-qPCRやNGSのような複雑なアプリケーションに最適です。

特長

• RNaseH活性を抑制することにより、より長いcDNAが得られます

FastGeneTM Scriptase Ⅱは、RNaseHドメインに変異を持ちます。そのためRNAは分解されず、より長いcDNAテンプレートができるため、結果として12kbpまでのフラグメントサイズが得られます。

 

• qPCRやNGSに最適化されたエンジニアード酵素です

FastGeneTM Scriptase Ⅱは、qPCRやNGS等のダウンストリームアプリケーションに最適です。得られた全長cDNAにより、遺伝子の全体像やスプライシングバリアントのような修飾を確認することが可能です。

 

 

 

 

図1. cDNAを鋳型としマルチプレックスPCRを行った結果
  (逆転写酵素:FastGeneTM Scriptase Ⅱと他社RT-Ⅱ酵素 逆転写温度:42 ℃、50 ℃)

 

 

 

 

 

図2. 様々な濃度のRNAを用いて作成されたcDNAとGAPDHプライマーを用いてqPCRを行ったCt値の結果
  (逆転写酵素:FastGeneTM Scriptase Ⅱと他社RT-Ⅱ酵素 逆転写温度:42 ℃)

 

 

 

図3. 様々な濃度のRNAを用いて作成されたcDNAとYWHAZプライマーを用いてqPCRを行ったCt値の結果
  (逆転写酵素:FastGeneTM Scriptase Ⅱと他社RT-Ⅱ酵素 逆転写温度:42 ℃)

 

 

アプリケーション

• 遺伝子発現の定量化
• RT-qPCR
• 次世代シークエンシング
• 低濃度RNA
• 困難なテンプレート

関連製品

FastGene™ Scriptase Basic  

仕様

保存条件:-20℃

キット内容

NE-LS53 (逆転写酵素)

  • FastGene Scriptase Ⅱ(200 U/μ L)/チューブ1本
  • 5 × FastGene RT Buffer /チューブ1本
  • DTT (0.1 M) /チューブ1本
  • dNTP Mixture(2 mM each)/チューブ1本
  • Sterile water(RNase free)/チューブ2本
     

NE-LS63 (逆転写酵素&cDNA合成キット)

  • FastGene Scriptase II (200 U/μl) /チューブ1本                       
  • 5x FastGene RT buffer /チューブ1本                                      
  • DTT (0.1 M) /チューブ1本                                                                              
  • dNTP Mixture (2 mM each) /チューブ1本                                
  • Sterile water (RNase free) /チューブ2本                               
  • RNase Inhibitor (40 U/μl) /チューブ1本                                       
  • Oligo dT Primer (80 μM) /チューブ2本                                    
  • Random hexamer (100 μM) /チューブ2本

 

NE-LS64(マスターミックスタイプ/ランダムヘキサマー入り)

  • 5x FastGene™ Scriptase II ReadyMix (LS64) /チューブ1本

(含有成分)
・FastGene™ ScriptaseⅡ逆転写酵素
・FastGene™ ScriptaseⅡ反応バッファー
・dNTPミックス
・RNaseインヒビター
・ランダムヘキサマー
・補助タンパク質

 

NE-LS65 (マスターミックスタイプ/ランダムヘキサマー+オリゴdTプライマー入り)

  • 5x FastGene™ Scriptase II ReadyMix (LS65) /チューブ1本

(含有成分)
・FastGene™ ScriptaseⅡ逆転写酵素
・FastGene™ ScriptaseⅡ反応バッファー
・dNTPミックス
・RNaseインヒビター
・ランダムヘキサマー
・オリゴdTプライマー
・補助タンパク質

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
  • CPキャンペーン価格
  • ECEC going 特別価格

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)14:30迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo. メーカーコード・旧型番 概要 単位 価格 在庫 カートに入れる お気に入り
NE-LS53 FastGene Scriptase Ⅱ 100回用/20ul反応 在庫あり BPM
NE-LS63 FastGene Scriptase Ⅱ cDNA Synthesis
(逆転写酵素&cDNA合成キット)
キャンペーン中! 期間:2019年12月31日 まで
100回用/20ul反応 在庫あり BPM
NE-LS64 FastGene cDNA Synthesis 5x ReadyMix
(マスターミックスタイプ/ランダムヘキサマー入り)
キャンペーン中! 期間:2019年12月31日 まで
100回用/20ul反応 在庫あり BPM
NE-LS65 FastGene cDNA Synthesis 5x ReadyMix OdT
(マスターミックスタイプ/ランダムヘキサマー+オリゴdTプライマー入り)
キャンペーン中! 期間:2019年12月31日 まで
100回用/20ul反応 在庫あり BPM

EC going 及び BPM購入システムとは?
EC going FAQ

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

アプリケーションノート

技術資料

FAQ

製品仕様

ScriptaseⅡの酵素の特長である「RNase Hの活性を低下させている」ことは、
逆転写反応において、どのような効果が得られますか?

RNase H活性が低いことは、cDNAの合成において途中で逆転写が止まることなく、
合成できる可能性が上がります。
 
RNase H活性を低下させていない逆転写酵素(例えばwildtype等)では、
RNase H活性によって、逆転写で生じたcDNA-RNAハイブリット鎖のRNA鎖が切断されます。
この働きにより、逆転写反応のテンプレートとなるRNAを分解することがあります。
そのため、RNAの末端まで完全に転写される確率は下がり、
得られる逆転写産物は「相対的に短いcDNA」の量が増加します。
使用方法・
技術的内容

Scriptase Ⅱを用いて、5'RACE法を行いたいと考えています。
Scriptase ⅡはTerminal nucleotidyl transferase (TdT) 活性を有していますか?

ScriptaseⅡは、MuLV逆転写酵素由来の酵素であるため、
Terminal nucleotidyl transferase (TdT) 活性を有しています。
そのため、5'RACE法に本酵素を用いることも可能です。
 
※実際に弊社のお客様から、使用できたとのフィードバックをいただいております。
製品仕様

FastGene™ ScriptaseⅡ 5×ReadyMix(NE-LS64)にのみ含まれている
「Helper Protein(補助タンパク質)」は、どのような働きをしますか?

Helper Protein(補助タンパク質)は、このRNAの高次構造形成を抑制※し、
並びに、テンプレートが低濃度の場合に反応効率を高めます。
このHelper Proteinの活性を維持するために、
本製品の逆転写反応温度は42℃を推奨しています。
他のScriptase Ⅱラインナップ(NE-LS53、NE-LS63)とは違い、
逆転写反応温度として42℃以上を推奨していない点にご留意ください。
※高次構造を持ったRNAは、逆転写反応におけるcDNAの合成を中断し、
逆転写阻害を引き起こすことがあります。

3件 /4件を表示

この製品に関するFAQ一覧

レビュー

4.8 15件のレビュー

レビューを書く

5.0

2019年07月03日

価格も安価で非常に使いやすい

これまで使用していた製品と比較して遜色ないデータを得ることができ、価格も安価で非常に使いやすいものでした。これからも愛用したいです。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「マウス肝臓からの「RNA抽出」および「逆転写反応」に用いたキットの性能確認」
⇒ ダウンロードはこちら

国内のお客様

5.0

2019年06月07日

低価格なためとても使いやすいキットです

葉の発生の研究にあたって、様々なサイズの組織からRNAを抽出することがよくあります。
FastGene™ RNA Premium kit は、比較的多量の組織からごく少量の組織まで、単一のキットでカバーできる点や、少量の場合は最終溶出の容量を10μLまで減らせる点が使いやすく感じています。
また植物はイントロン配列が短いことからゲノムDNAのコンタミが問題になりやすいですが、本キットでは溶液中でDNase反応を行なうことで効果的にDNAの除去ができていると感じました。
逆転写酵素についても、長い配列をもつ遺伝子でもしっかりと逆転写できており、クローニング等の実験においては十分な品質であると感じました。
いずれも使用感や品質はこれまで使っていたキットと遜色がないですが、低価格なためとても使いやすいキットです。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「水草ミズハコベのRNA抽出法の検討と逆転写酵素反応の比較検討」
⇒ ダウンロードはこちら

東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 古賀皓之 様

5.0

2019年06月10日

キットとしては良い製品だと思います

リンパ節由来のRNAを用いてRT-PCRを行った結果、目的遺伝子(他の逆転写試薬を用いた逆転写反応ではPCR増幅が不安定であった遺伝子)の発現を検出できました。
また、全長cDNAも電気移動でバンドを確認することが出来ました。
キットとしては良い製品だと思います。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「マウスリンパ節から抽出したRNAを用いた 逆転写酵素反応の比較検討」
⇒ ダウンロードはこちら

近畿大学 理工学部 生命科学科 免疫分子機能研究室 早坂 晴子様

5.0

2019年05月07日

Terminal nucleotidyl transferase (TdT) 活性を利用した5'RACEにも利用可能。

本酵素は、Terminal nucleotidyl transferase (TdT) 活性を有するため、この活性を利用した5'RACEに利用可能かどうか試してみた。実際に、TdT活性を利用した5'RACE法の一種を本酵素で試みたところ、効率的に5'末端を決定することができた。
本酵素と各種プライマーを利用すれば、リーズナブルに5'RACEを行うことができる。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。
2019年5月7日

東京大学 お客様

5.0

2019年04月15日

少ないtotal RNA量で逆転写ができ、満足しています

培養細胞のmRNA発現量を解析する目的で、使い勝手がよく、大量のサンプルを解析できる逆転写酵素を探していました。
少ないtotal RNA量で逆転写ができ、満足しています。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「FastGene™ ScriptaseⅡと他社キットのRT-PCRによる比較評価」
⇒ ダウンロードはこちら

国内公的研究機関 田村 拓様

5.0

2019年04月15日

従来のキットと比較して、リアルタイムPCRの結果は、ほぼ同等の結果を示していると考えました

従来のキットとFastGene ScriptaseⅡ を使用して実験を行いましたが、リアルタイムPCRの結果は、ほぼ同等の結果を示していると考えました。
操作の手間についても、ほぼ同等でした。
価格は、FastGeneシリーズの方が安い傾向にあるので、その点はメリットだと思います。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「無菌性腹膜炎モデルマウスの腹腔細胞から抽出したRNAを用いた逆転写酵素反応の比較検討」
⇒ ダウンロードはこちら

東京大学 お客様

5.0

2019年04月15日

Mixに全て準備されているのでとても楽でした

感想としましては、Mixに全て準備されているのでとても楽でした。
今回は60 minインキュベートさせましたが、短時間でも十分反応することが示されているので、
今後使用する時には、より作業時間を短縮することができると期待しています。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「ラットの腸間膜脂肪組織から抽出したRNAを用いた発現定量解析のための逆転写酵素反応」
⇒ ダウンロードはこちら

静岡県立大学 栄養生理学研究室 本間 一江様

5.0

2019年04月15日

発現量の極めて少ない転写産物を検出することができた

既存のキット(T社)を使用していましたが、これに替わる廉価な逆転写酵素を探していました。
私の研究室ではFastGene社の製品をいくつか使用していますが、それらは廉価で質が良く評価が高いため、
今回の製品を試しました。結果、発現量の極めて少ない転写産物を検出することができ、
廉価なだけでなく非常に優れた逆転写酵素であることが分かりました。今後も使用していく予定です。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「ゼブラフィッシュの受精卵から抽出したRNAを用いた逆転写酵素反応の比較検討」
⇒ ダウンロードはこちら

北海道大学 理学研究院 生物科学部門 生殖発生生物学講座 小谷 友也様

5.0

2019年03月25日

従来使用していた製品とほとんど差がなく使用することが出来た。

試薬が1つにまとまっているので良かった。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。
2019年3月25日

京都大学大学院 薬学研究科 白なすび 様

3.0

2019年01月03日

特に問題なかった。qPCRも行ってみて総合的に検討したい。

すべての試薬が揃っているので、一つ一つ購入する必要がなく便利だと思った。
最近はrandomprimerとOligo dT primerがmixになったキットもあるようなので、そういった商品と比較してどういった点が貴社の商品のポイントなのか、もう少し情報があるとよかった。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。
2019年01月03日

愛知県心身障害コロニー 匿名 様

4.0

2018年10月01日

転写効率が高かった。

チューブのラベルが見やすかった。
マニュアルがわかりづらく、また、マニュアルPDFがHPの製品ページの下の方にあったことに気が付きませんでした。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
マニュアルがわかりづらく、PDFのご用意についてご不便をお掛けしてしまい申し訳ございませんでした。
いただきましたご意見は、今後の改善点として参考にさせていただきたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。
2018年10月1日

秋田大学 理工学部 田村 拓 様

5.0

2018年06月15日

安定した結果が得られました

腫瘍由来のRNAを用いてRT-PCRを行った結果、他のRT試薬で増幅が不安定であった遺伝子の発現を検出できました。全長cDNAの増幅も確認できました。
安定した結果が得られる点が特に気に入りました。
ホームページで見た5x マスターミックスタイプも使ってみたいと思っています。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。
2018年06月15日

近畿大学 理工学部 早坂晴子 様

5.0

2019年06月10日

従来までMasterMixタイプの製品を扱っていなかったため、その点はとても扱いやすかった

従来までMasterMixタイプの製品を扱っていなかったため、その点はとても扱いやすかった。
また、低発現遺伝子のRNAの逆転写効率が、従来まで用いていた製品よりも高い印象があった。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「培養細胞における対象遺伝子の発現解析を目的とした逆転写酵素製品の比較評価」
⇒ ダウンロードはこちら

京都大学のお客様

5.0

2018年05月09日

コストパフォーマンスに優れた製品だと思います

We have tested the RT kit FastGene Scriptase II in comparison with other kits, like supplier N and supplier I and we have noted that the results are similar. Additionally, we can make more “runs” for a better price!
(日本語訳)
逆転写酵素 FastGene Scriptase II をN社製品・I社製品などと比較したところ、結果は同等でした。
さらに、より安価に多くのランを行うことができます。

Nathalie Renotte, GIGA Insutitute (ベルギー) ,GIGA Cancer,Cellular and Molecular Epigenetics

5.0

2018年05月01日

ぜひ次も使用したいと思える製品でした

PCR増幅したDNA断片をベクターにクローニングし配列を確認したところ、変異の導入は1塩基もありませんでした。
また、貴製品のマニュアルも非常にわかりやすく、操作にストレスを感じませんでした。ぜひ次も使用したいと思える製品だったと感じております。

(日本ジェネティクスより)
本評価データは、アプリケーションノートとして資料化させて頂きました。
(タイトル:ダイズから抽出したRNAを用いたイソフラボン生合成関連酵素の遺伝子クローニング)
製品詳細ページの右側メニュー「アプリケーションノート」よりご覧頂けます。

東北大学大学院 工学研究科 バイオ工学専攻 中山研究室 大豆田 亮

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ