Gel/PCR エクストラクションキット

Gel/PCR エクストラクションキット

(FastGene Gel/PCR Extraction Kit)

FastGene

製品概要

安心、安全な電気泳動用蛍光色素ミドリグリーンダイレクト、ミドリグリーンアドバンス(50ulパック)無償添付中!
遠心/吸引どちらも使用可能
PCR産物の精製、アガロースからのDNA抽出の両方に使用できます
ゲル断片の切り出しに便利な"ゲルバンドカッター"(※下記参照)が、5個付属しています。


----------------------------------------------------------------
★お客様のブログに、生の声が掲載されています!
本キットに添付されているゲルカッターの使い方、使い勝手を分かりやすく写真付きで解説して頂いております。
実際に製品をお使いのお客様に喜んで頂き、弊社としても大変嬉しい限りです。
ご興味のある方は是非ご覧になってみてください。


ゲノ研】ゲルからのDNAの切出し

http://genomicsresearch.blogspot.jp/2014/01/dna.html?m=1

『わざわざバンドの四隅を慎重に狙ってメスで切っていく必要がなくなるため切り出し操作がとても早くなりDNAへのダメージが少なくなります。』
本製品は同じ大きさでゲルを切り出してくれるのでゲル断片ごとの重さのバラつきがなくなります。
切り出しを行う際にゲルの下にラップを敷いて行っている場合はラップを破いてしまうことが少ないのでイルミネーターを汚す機会が減ります。
----------------------------------------------------------------

【関連製品のご紹介】
エチブロ代替 核酸染色試薬ミドリグリーンシリーズ
ゲルバンドカッター
デジカメ式ゲル撮影装置 FAS-Digi

仕様

【仕様】
●シリカメンブレン法
●結合容量: 10ug
●DNA有効分離領域: 50bp-約10kbp
●溶出量: 20-50ul
●操作時間: 20分 (*ゲル切り出し、溶解時間は含みません)

【キット内容】
●ミドリグリーン・アドバンス 50ul
●ミドリグリーン・ダイレクト 50l
(ミドリグリーンシリーズの詳細はこちら
●FastGene GPカラム
●2mlコレクションチューブ
●結合バッファー GP1
●洗浄バッファー GP2 濃縮液
●溶出バッファー GP3
 (10mM Tris-Cl, pH8.5  *EDTAは含まれておりません)
●FastGene ゲルバンドカッター(5個) (ゲルバンドカッターの詳細はこちら

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
CatNo.概要単位価格在庫
FG-94602 トライアルキット FastGene Gel/PCR Extraction 4preps 在庫あり
FG-91202 FastGene Gel/PCR Extraction 100preps 在庫あり
FG-91302 FastGene Gel/PCR Extraction 300preps 在庫あり
単品販売(バッファー)
SG-401-0080FG GP1 Buffer 80mL 80mL 在庫あり 受注発注品
SG-401-0200FG GP1 Buffer 200mL 200mL 在庫あり
SG-305-0025FG GP2 Buffer 25mL 25mL 在庫わずか 受注発注品
SG-305-0040FG GP2 Buffer 40mL 40mL 在庫あり

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

アプリケーションノート

FAQ

製品仕様 回収率が低いのですが、どのような点を確認すれば良いでしょうか?
原因として、以下の点をご確認ください。

1.バッファーGP2の調製が適切ではない
⇒適切な量のエタノール添加が重要です。
フロースルーをイソプロパノール沈殿し、全量を電気泳動でチェックしてDNAが確認された場合、
エタノールが適切に添加されていない可能性があります。

2.DNAの溶出が不十分
⇒サイズが大きい場合(目安:5kb以上)、溶出バッファーを70℃に加温しておくと溶出効率が向上する場合があります。

3.DNAの測定方法が適切ではない⇒特に吸光度測定の場合、必ず「溶出に用いたバッファー」をブランクにご使用ください。(実際に、他の市販キットのバッファーをブランクに用いたために、適切に測定できなかった事例がございました。)

4.キット保管中の劣化
キットはできるだけ「室温(15-25°C) にて湿気を避けて」保管ください。
特にメンブレンは湿度の影響で次第に劣化する可能性があります。(キットを冷蔵してしまうと室温使用時にメンブレン表面に結露が発生しますため、これを繰り返したメンブレンは劣化してしまいます。)
また、市販のキットに共通いたしますが、メンブレンやバッファーは、適切に保管されている場合でも、やはり製造後にゆっくりと性能が落ちて行きます。
ですので、少しでも高い回収率が必要となるアプリケーションの場合は、できるだけ新しいキットをご使用いただくことをお奨めいたします。

<PCR産物精製の場合>

5.バッファーGP1の量が適切ではない
⇒PCR産物量の5倍量のバッファーを添加し、十分にボルテックス混合してください。

<ゲル抽出の場合>

6.ゲルの溶解が不十分
 (質問2参照)

7.UV照射によるDNAの断片化
ゲル抽出前にバンドを確認する場合、ゲル撮影装置であまり長時間UVを照射しますと、
バンドが見えにくくなり、バンドからずれた位置でゲルを回収してしまったり、また、DNAがUVで断片化されることで、回収率が低下したり、ダウンストリームアプリケーションの結果に影響したりする可能性があります。
ゲル撮影には、UVイルミネーターよりも安全に検出することが可能なBlue/Green LEDイルミネーターの使用をお奨めいたします。
(Blue/Green LEDイルミネーターは日本ジェネティクスで取り扱っております。詳細はお問い合わせください。)
製品仕様 ゲルスライスが溶解し難いのですが、どのようにすれば良いでしょうか?
ゲル重量に対してバッファー量が多いほど、溶解しやすくなります。
ゲルスライスが大き過ぎたり(300mg以上)、ゲルの濃度が高かったりなどで、
ゲルが溶解しにくい場合は、結合バッファーGP1を増量し、2~3分間毎に転倒混和しながらインキュベートしてください。
ゲルが完全に溶解するまで結合バッファー量を増やします。
この場合、溶液量が多くなりますので、数回に分けてカラムにアプライするか、ゲルに含まれるDNA量が多い場合には、カラム2本に分けて使用してください。
ゲルの溶解が不十分になると回収率が低下するため、ゲルを十分に溶解させることが重要になります。
使用方法・
技術的内容
キット付属の溶出バッファーGP3*の代わりに蒸留水を用いて溶出することは可能でしょうか? *バッファーGP3 : 10mM Tris-Cl, pH8.5
蒸留水でも溶出は可能です。
ただし、水にはバッファー作用がありませんので、pHが不安定で、特に酸性側に傾く可能性があります。
この場合、以下のようなリスクがあります。
 *カラムからの溶出効率が低下する
 *溶出後、保存中にDNAが劣化する
ですので、できるだけキット付属の溶出バッファーGP3をご使用いただくことをお勧めします。

この製品に関するFAQ一覧

レビュー

レビューはまだ投稿されていません。投稿をお待ちしております。

レビューを書く

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ