カパサイバー・ファストqPCRキット

カパサイバー・ファストqPCRキット

(KAPA SYBR Fast qPCR Kit)

KAPA BIOSYSTEMS

この製品の動画

この製品に関する動画一覧

製品概要

◆今までにない超高感度&ハイスピードqPCR(リアルタイム定量PCR)

【特長】
●SYBR GreenIの酵素反応阻害性に耐性のある独自酵素(エンジニアリング酵素)を採用!
●条件の最適化不要。 現在の装置そのままの反応条件で使用可能
●Fastプログラム(専用装置含む)による時間短縮も対応可能
独自の酵素安定化剤により、凍結融解の影響はほとんどありません!


*リアルタイムPCR用2×マスターミックスです

【参考文献】
1) ※国内実績
T.Nakakuki et al., Ligand-Specific c-Fos Expression Emerges from the Spatiotemporal Control of ErbB Network Dynamics, Cell 141, 1-13, 2010
ErbBネットワークダイナミクスの時空制御によるリガンド特異的なc-Fos発現

仕様

保存条件:-20℃で1年間
*独自の酵素安定化剤により、凍結融解の影響はほとんどありません。

 

製品名 型番 コンポーネント
qPCR MasterMix(2X)※ ROX High ROX Low
Universal qPCRキット※※ KK4600
KK4601
KK4602
KK4618

ROX High Reference Dye (50X)
がキットに添付
(反応液調整時に、都度添加)

ROX Low Reference Dye (50X)
がキットに添付
(反応液調整時に、都度添加)
ABI Prism qPCRキット
(ABI7500、ViiA7、QuantStudioを除くABI社機器用)
KK4603
KK4604
KK4605

ROX Highが
MasterMixに添加済み
× ×
ROX Low qPCRキット
(ABI7500, ViiA7, QuantStudio, Stratagene MX3000P, MX3005P, MX4000用)
KK4619
KK4620
KK4621

ROX Lowが
MasterMixに添加済み
× ×
Bio-Rad iCycler qPCRキット
(iCycler iQ, iQ5, MyiQ用 )
KK4606
KK4607
KK4608

fluoresceinが
MasterMixに添加済み
× ×
Roche Light Cycler qPCRキット
(Light Cycler 480用)
KK4609
KK4610
KK4611
× ×

※ qPCR MasterMix(2X)は、「Universal qPCRキット」と「Roche Light Cycler qPCRキット」で共通となります。
※※Universal qPCRキットであれば、ROXの添加を反応液調整の際に、都度選択できるため、殆どの機器に対応可能です。

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)14:30迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo.概要単位価格在庫
Universal qPCRキット:殆どの機器に対応可能 
KK4600 KAPA SYBR Fast qPCRキット (Universal qPCRキット) (100回用/20μL反応) 1×1mL 在庫あり
KK4601 KAPA SYBR Fast qPCRキット (Universal qPCRキット) (500回用/20μL 反応)
キャンペーン中! 期間:2019年09月30日 まで
1×5mL 在庫あり
KK4602 KAPA SYBR Fast qPCRキット (Universal qPCRキット) (1000回用/20μL 反応)
キャンペーン中! 期間:2019年09月30日 まで
2×5mL 在庫あり
KK4618 KAPA SYBR Fast qPCRキット (Universal qPCRキット) (5000回用/20μL 反応) 50mL 在庫わずか 受注発注品
ABI Prism qPCRキット:ABI7500、ViiA7、QuantStudioを除くABI社機器用 (ROX添加済み) 
KK4603 KAPA SYBR Fast qPCR Kit (ABI Prism qPCRキット) (100回用/20μL反応) 1×1mL 在庫わずか
KK4604 KAPA SYBR Fast qPCR Kit (ABI Prism qPCRキット) (500回用/20μL反応)
キャンペーン中! 期間:2019年09月30日 まで
1×5mL 在庫わずか
KK4605 KAPA SYBR Fast qPCR Kit (ABI Prism qPCRキット) (1,000回用/20μL反応)
キャンペーン中! 期間:2019年09月30日 まで
2×5mL 在庫あり
ROX Low qPCRキット:ABI7500, ViiA7, QuantStudio, Stratagene MX3000P, MX3005P, MX4000用(ROX添加済み)
KK4619 KAPA SYBR Fast qPCR Kit (ROX Low qPCRキット) (100回用/20μL反応) 1×1mL 在庫わずか
KK4620 KAPA SYBR Fast qPCR Kit (ROX Low qPCRキット) (500回用/20μL反応)
キャンペーン中! 期間:2019年09月30日 まで
1×5mL 在庫わずか
KK4621 KAPA SYBR Fast qPCR Kit (ROX Low qPCRキット) (1,000回用/20μL反応)
キャンペーン中! 期間:2019年09月30日 まで
2×5mL 在庫あり
Bio-Rad iCycler qPCRキット:iCycler iQ, iQ5, MyiQ用
KK4606 KAPA SYBR Fast qPCR Kit (Bio-Rad iCycler qPCRキット) (100回用/20μL反応) 1×1mL お問い合わせください 受注発注品
KK4607 KAPA SYBR Fast qPCR Kit (Bio-Rad iCycler qPCRキット) (500回用/20μL反応)
キャンペーン中! 期間:2019年09月30日 まで
1×5mL 在庫わずか 受注発注品
KK4608 KAPA SYBR Fast qPCR Kit (Bio-Rad iCycler qPCRキット) (1,000回用/20μL反応)
キャンペーン中! 期間:2019年09月30日 まで
2×5mL お問い合わせください
Roche Light Cycler qPCRキット:Light Cycler 480用(注意:キャピラリータイプのLight Cyclerには対応していません。)
KK4609 KAPA SYBR Fast qPCR Kit (Roche Light Cycler qPCRキット) (100回用/20μL反応) 1×1mL 在庫わずか 受注発注品
KK4610 KAPA SYBR Fast qPCR Kit (Roche Light Cycler qPCRキット) (500回用/20μL反応)
キャンペーン中! 期間:2019年09月30日 まで
1×5mL 在庫わずか
KK4611 KAPA SYBR Fast qPCR Kit (Roche Light Cycler qPCRキット) (1,000回用/20μL反応)
キャンペーン中! 期間:2019年09月30日 まで
2×5mL 在庫あり

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

アプリケーションノート

技術資料

取扱説明書

SDS

FAQ

使用方法・
技術的内容
現在、キャピラリータイプのLightCycler を使用していますが、これに使用可能なKAPA SYBRはありますでしょうか?
大変恐縮なのですが、現時点では、そのままご使用いただけるキットがご用意できておりません。大変申し訳ございません。 ただ、KapaBiosystems社のFAQ(よくあるご質問)によりますと、反応溶液にBSAを最終濃度250 ng/µL添加いただければ、ご使用いただくことは可能とのことです。 (この場合、UniversalキットKK4600、KK4601、KK4602、KK4612に添加いただくこととなります。) これは、タンパクであるDNAポリメラーゼが、ガラスキャピラリーの表面に吸着してしまうことを防止するために必要とのことです。 弊社でBSAをご用意することが出来ないのですが、もしもご希望でしたらUniversalキットのサンプルを ご用意させていただきます。
使用方法・
技術的内容
KAPA SYBR FAST qPCR kitについて教えてください。 以前、KAPA library quantification kitについて問い合わせた際、融解するたびにボルテックスしてよいと教えてもらいました。 こちらのキットも同様にしてよろしいのでしょうか?
はい、こちらのキットに関しましても、同様に混合していただけます。 (ご使用前に均一に混合されていることが重要となります。)
使用方法・
技術的内容
KAPA-SYBR fast qpcr kit は、PCR産物の末端にAが付加されますか? (proof reading 機能がついていますか?)
結論から申し上げますと、本キットで増幅したPCR産物の末端にはAが付加されております。 また、本キットで使用されている酵素は、proof reading活性は持っておりません。 TAクローニングについては、実際に確認したデータ等はございませんが、前述のとおり、原理的にはTAクローニングは可能かと存じます。 その際には、増幅後の反応液を市販のスピンカラムキットなどで精製いただくことをお勧めします。 http://www.n-genetics.com/product_detail.html?item_id=4481

3件 /9件を表示

この製品に関するFAQ一覧

レビュー

5 5件のレビュー

レビューを書く

5.0

2019年06月12日

初心者の多い研究室でもしっかりと精製できているため満足です

LightCycler®を購入し、Roche社の試薬を販売する日本ジェネティクスに相談したところ、安価で品質が良いとおすすめされたため、RNA精製では手間がかかるが、初心者の多い研究室でもしっかりと精製できているため満足です。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「ヒト骨髄由来間葉系幹細胞の発現定量解析(プライマーチェック)」
⇒ ダウンロードはこちら

学校法人トヨタ学園 豊田工業大学 先端工学専攻 高分子ナノ複合材料研究室 古谷 充 様

5.0

2019年06月12日

既存の製品のまま高GC含量のサンプルを増幅させることに成功し、実験を進めることができました

非常に丁寧なサポートをしていただけたおかげで、既存の製品のまま高GC含量のサンプルを増幅させることに成功し、実験を進めることができました。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「ChIP(クロマチン免疫沈降)サンプルにおける高GC含量(76.8%) ターゲット領域のqPCR条件の最適化」
⇒ ダウンロードはこちら

麻布大学大学院 獣医学研究科 分子生物学研究室 片川優子様、教授 村上賢様

5.0

2019年06月12日

これまで使用していたQ社キットのプロトコールを変更せずに、感度の良いqPCRを行うことが出来ました

今回、KAPASYBR Fast qPCR Kit(KK4612)では、これまで使用していたQ社キットのプロトコールを変更せずに、感度の良いqPCRを行うことが出来ました。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「マウス十二指腸由来cDNAのGAPDHの増幅(Rotor-Gene)」
⇒ ダウンロードはこちら

北海道大学大学院 医学研究科 解剖学講座 組織細胞学分野 木村俊介 様

5.0

2019年06月12日

感度がよい定量PCRが可能な系は、研究者にとって実験の効率化や幅を広げる上で非常に重要

調製可能なRNA量が微量な時、定量感度がよければより多くの種類の遺伝子発現を調べることができます。
従って、本製品のような感度がよい定量PCRが可能な系は、研究者にとって実験の効率化や幅を広げる上で非常に重要になってきます。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「ブタ大動脈内皮細胞の発現RNAの絶対定量」
⇒ ダウンロードはこちら

筑波大学大学院 生命環境科学研究科 宮崎 均教授

5.0

2019年06月12日

従来品ではこれまで経時的な発現変化が確認できなかったような低発現の遺伝子がKAPAで解析可能になった

従来品ではこれまで経時的な発現変化が確認できなかったような低発現の遺伝子がKAPAで解析可能になったこと、またその他の遺伝子も従来品と同様に検出できるので再現性が取れました。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「リアルタイムPCRによる低発現遺伝子の相対定量」
⇒ ダウンロードはこちら

独立行政法人理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター細胞システムモデル化研究チーム 佐伯夕子様

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ