513views
  • 製品評価試験データ

レタスとホウレンソウの葉を用いたFastGene™ ゲノムDNA抽出キット(植物)評価試験

513views

概要

【Cat.No. FG-GD050P】

一般的なDNA抽出キットに含まれるスピンカラムには、シリカメンブレンが使用されているが、スピンカラムのフィルターに溶液が残りやすく、デッドボリュームが大きいという課題がある。
FastGene™ ゲノムDNA抽出キット(植物)のスピンカラムには、次世代の分離媒体として注目されているシリカモノリスが使用されている。
シリカモノリスは、ケイ酸エチルから合成された一体型の超高純度シリカゲルで、均一な細孔が無数に開いている網目状構造をもっている。
この構造により、大きな通液空間と広い表面積を保てるため、シリカメンブレンよりも圧倒的に通液性が良く、デッドボリュームも小さいため、より効率的に核酸精製が可能である。
本テクニカルノートでは、レタスの葉とホウレンソウの葉を用いてそれぞれgDNAの抽出を行い、スピンカラムの材質がシリカメンブレンである他社gDNA抽出キットの結果と比較することで、本製品の性能評価を行った。

関連シリーズ

お問い合わせはこちら