1,041views
  • お客様事例

FastGene™ miRNA Enhancer kitとFastGene™ RNA Premium kitまたは他社RNA抽出キットを組み合わせて使用した際の比較評価試験

社会医療法人大雄会医科学研究所
菊池 有純 様

お客様のコメント

当検査室ではFFPEや腹膜透析液排液を検体としてmiRNAを抽出した、経験がありますが、やはり解析に十分な量の抽出が困難な例がありました。そんな際にこの試薬の活用は有効であると思いました。
FastGene™シリーズのRNA抽出試薬は純度・収量が優れていることから、この試薬と組み合わせることで他社のmiRNA抽出専用試薬と同等以上の効果が期待できると思います。

1,041views

概要

【Cat.No. FG-RNAE-25、FG-81050、FG-81250】

臨床検査室のサンプルは、組織、血液、尿、髄液などの臨床検体が対象であり、PCRにおける反応阻害物質を除去し、解析に必要な十分量を確保する必要があります。遺伝子検査において試料から解析対象となる核酸の抽出は検査の精度を維持する上で極めて重要です。
とりわけ、様々な状態が想定される臨床検体において、安定的に試料調整が可能な抽出方法の構築は必須です。
本アプリケーションノートでは、FastGene™ miRNA Enhancer kitとFastGene™ RNA Premium kitまたは他社RNA抽出キットを組み合わせて臨床検体を含む様々なサンプルからmiRNAを抽出し、cDNA合成後リアルタイムPCRによりCp値を評価した一例を報告します。

関連シリーズ

お問い合わせはこちら