431views
  • お客様事例

精製RNAへの「DNAのコンタミネーション」を極力抑制できるRNA抽出キットの比較評価

国立研究開発法人 理化学研究所 生命機能科学研究センター 細胞システム分野 細胞極性統御研究チーム
有吉 哲郎 様

お客様のコメント

RNAの発現定量解析を行っていますが、「qPCRプライマーの設計ではゲノムDNAの検出を回避する手法が使 えない」実験を行っているため、精製したRNAへのDNAのコンタミを極力抑えることのできる抽出キットを探していました。
FastGene™ RNA Premium Kit を用いて精製したRNAではDNAのコンタミに由来するシグナルがほとんど検出されず、他社製品を用いてRNAを精製した場合に比べ発現RNA量をより正確に定量することができました。
ジャンクションを挟んだプライマー設計ができない場合などDNAの混入を極力抑える必要のある実験において強い威力を発揮する製品です。

431views

概要

【Cat.No. FG-81050、FG-81250】

RNAの発現定量解析を行っているが、「qPCRプライマーの設計ではゲノムDNAの検出を回避する手法が使えない」実験を行っているため、精製RNAへの「DNAのコンタミネーション」を極力抑えることのできるRNA抽出キットの検討が必要となった。
今回は、標準プロトコールとして「溶出した高純度RNA溶液中でのDNaseⅠ処理」を採用し、高いDNA除去効率が期待できるFastGene™ RNA Premium Kitについて、「オンカラムでDNase I 処理」を標準プロトコールとする市販RNA抽出キットと比較評価した。
評価方法としては、「逆転写酵素の添加なし(RT enzymeなし)」の反応条件において、「qPCRで残留ゲノムDNAによる増幅が認められるか」について検証した。

関連シリーズ

お問い合わせはこちら