659views
  • お客様事例

BluePippinを用いた8kb長鎖DNA断片抽出の検討

宮崎大学 医学部医学科 感染症学講座微生物病学分野
小椋 義俊 様

お客様のコメント

マニュアルでの手間を考えると、BluePippinでのゲル抽出自動化はNGSライブラリー作製でメリットがある。

659views

概要

【Cat.No. BLU0001】

Mate Pair シーケンス解析用のライブラリー調製で、正確なDNAサイズセレクションを行うことがデータ解析のために重要な要素となる。
しかし、一般的なパルスフィールド電気泳動でのゲル切り出しは、操作が煩雑でかつ熟練の技術が要求されMate Pairシーケンス解析を成功させるためのハードルとなっている。
今回、自動DNA断片ゲル抽出システムBlue Pippinで8 kb 断片抽出を行い、正確性および再現性を確認する検討を行った。
抽出したDNAは、サイズ確認のためPippin Pulseを用いてアガロースゲルに展開し、ゲル解析ソフトウェアにて解析した。

関連シリーズ

お問い合わせはこちら