FastGene™ RNA精製キット FastGene™ RNA精製キット FastGene™ RNA精製キット

FastGene™ RNA精製キット

(FastGene™ RNA Basic Kit / Premium Kit)

FastGene

製品概要

「高品質を低価格で」がコンセプトのFastGene™による待望のRNA精製キット。
開発に2年以上を費やした自信作です。

特長

・超安定の品質
・納得の収量
・極限までこだわった純度
・ノウハウの詰まった微量溶出カラム ※Premiumキットのみ

FastGene™ RNA Basic Kit

・培養細胞および組織等からのトータルRNA精製キット
・DNase I、プレフィルターを除いたスタンダードキット
・単価 @320円/反応~

FastGene™ RNA Premium Kit

・培養細胞および組織等からのトータルRNA精製キット
・DNase I酵素、プレフィルター、微量溶出容量カラム全てが入った新しいコンセプトのキット
・DNA感受性が極めて高いダウンストリームアプリケーションにおすすめ
・最適化したDNase I処理ステップとFastGene™mini-elute columnのテクノロジーを併用する事で、高純度で高品質なRNA精製を保証
・単価 @500円/反応~

安定の品質

RNA精製キットの性能を評価する上で最も重要なポイントの一つである品質(RIN)。
精製されたRNAの品質を評価したデータが以下です。
妥協を許さない製品開発の元、他社キットを上回る安定した品質を実現しました。

※クリックで拡大


極限までこだわった純度


※クリックで拡大



納得の収量



高性能微量溶出カラム - FastGene™ mini-Elute Column-

※FastGene™ mini-Elute ColumnはPremiumキットにのみ含まれています。


 

仕様

【共通仕様】
一般的な収量
・培養細胞(1×106 HeLa細胞)の場合:10-20μg
・組織(20mgマウス肝臓組織)の場合:50-100μg

保存条件
・室温(15~25℃)
・FastGene™ RNA mini-elute column(※Premiumキットに付属)のみ到着後4℃保管

FastGene™ RNA Basic Kit

培養細胞および組織等からのトータルRNA の精製およびRNAクリーンアップ

仕様

  スタンダード ラージインプット
推奨サンプル量 培養細胞 <5×106 <1×107
組織※ <10 mg <20 mg
溶出量 50μL 50μL
所要時間(6 prepsあたり) 約40分間 約40分間
フォーマット シリカメンブレン法

※組織によって最適な前処理をお選び下さい、サンプルや部位によって得られる収量は異なります。

一般的な収量
• 培養細胞(1×106 HeLa 細胞)の場合 :10-20 μg
• 組織(20mg マウス肝臓組織)の場合 :50-100 μg

キット内容

  6回用 50回用 250回用
溶解バッファー(RL) 4 mL 25 mL 125 mL
洗浄バッファー 1(RW1) 4 mL 35 mL 170 mL
洗浄バッファー 2(RW2) 1 mL 10 mL 50 mL
溶出バッファー(RE:RNase free water) 1.5 mL 15 mL 100 mL
FastGeneTM RNA binding column 6本 50本 250本
1.5 mL コレクションチューブ 6本 50本 250本
2 mL コレクションチューブ 12本 100本 500本

FastGene™ RNA Premium Kit

培養細胞および組織等からのトータルRNA の精製とゲノムDNA 除去

仕様

  スタンダード ラージインプット
推奨サンプル量 培養細胞 <5×106 <1×107
組織※ <10 mg <20 mg
溶出量 20μL(10~50μL) 50μL(20~50μL)
所要時間(6 prepsあたり) 約60分間 約60分間
フォーマット シリカメンブレン法

※組織によって最適な前処理をお選び下さい、サンプルや部位によって得られる収量は異なります。

一般的な収量
• 培養細胞(1×106 HeLa 細胞)の場合 :10-20 μg
• 組織(20mg マウス肝臓組織)の場合 :50-100 μg

キット内容

  6回用 50回用 250回用
溶解バッファー(RL) 4 mL 25 mL 125 mL
洗浄バッファー 1(RW1) 4 mL 35 mL 170 mL
洗浄バッファー 2(RW2) 2 mL 20 mL 2×50 mL
RNA 再結合バッファー(RBD) 1 mL 8 mL 36 mL
溶出バッファー(RE:RNase free water) 1.5 mL 30 mL 200 mL
DNaseⅠ 懸濁溶液
(DNaseⅠ reconstitution solution)
1.5 mL 1.5 mL 1.5 mL
10×DNaseⅠ 反応バッファー
(10×DNaseⅠ reaction buffer)
50 μL 500 μL 2×1 mL本
DNase I(凍結乾燥) 110 Kunitz units 110 Kunitz units 560 Kunitz units
FastGeneTM RNA binding column 6本 50本 250本
FastGeneTM RNA filter column 6本 50本 250本
FastGeneTM RNA mini-elute column 6本 50本 250本
1.5 mL コレクションチューブ 12 本 100本 500本
2 mL コレクションチューブ 18本 150本 750本

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)14:30迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo.概要単位価格在庫
FastGene™ RNA Basic Kit(トータルRNAの精製およびRNAクリーンアップ)
FG-80006 FastGene™ RNA Basic Kit 6回用 在庫あり
FG-80050 FastGene™ RNA Basic Kit 50回用 在庫あり
FG-80250 FastGene™ RNA Basic Kit 250回用 在庫あり
FastGene™ RNA Premium Kit(トータルRNAの精製およびDNA除去)
FG-81006 FastGene™ RNA Premium Kit 6回用 在庫あり
FG-81050 FastGene™ RNA Premium Kit 50回用 在庫あり
FG-81250 FastGene™ RNA Premium Kit 250回用 在庫あり
別売オプション(Basic & Premium Kit 共通)
FG-80RL025 溶解バッファー(RL)単品 25mL 在庫あり
FG-80RL125 溶解バッファー(RL)単品 125mL 在庫あり
別売オプション(Premium Kit 専用)
FG-81DN050 DNase I Set
(DNaseI懸濁溶液、10X DNase I 反応バッファー、DNase I(凍結乾燥))
50回用 在庫あり
FG-81DN250 DNase I Set
(DNaseI懸濁溶液、10X DNase I 反応バッファー、DNase I(凍結乾燥))
250回用 在庫あり
FG-81FC050 FastGene™ RNA filter column 単品 50本/袋 在庫あり

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

関連記事(UP! Online)

UP!Onlineサイトの新着情報がタイムリーに届く、無料のWEB会員サービスはご存知ですか? 会員様限定キャンペーンもどんどん増えてます。登録はお早めに!

会員登録(無料)

アプリケーションノート

技術資料

FAQ

使用方法・
技術的内容
RNA Basic Kitを使用して、溶出量を標準量の50 μLよりも減らして高濃縮したいのですが、可能でしょうか?
溶出量を減らすことで回収率は下がってしまいますが、RNAの溶出と高濃縮は可能でございます。 社内データでは、溶出量50 uLの場合の回収率が約96%に対して、30 uLの場合の回収率が約86%(濃度は50 uL溶出の約1.49倍)という結果が出ております。 ご使用されるサンプルによって収量が変わりますので、あくまでも上記は「参考値」としてご承知ください。
使用方法・
技術的内容
植物サンプルからのRNA抽出に使用できますか?
大変恐縮ではございますが、本キットは動物細胞、動物組織を対象に開発したキットのため、植物サンプルはサポートしていないシステムとなっております。
使用方法・
技術的内容
血液サンプルからのRNA抽出に使用できますか?
大変恐縮ではございますが、本キットは動物細胞、動物組織を対象に開発したキットのため、採血管で採取した血液サンプルからのRNA精製には対応しておりません。

3件 /6件を表示

この製品に関するFAQ一覧

レビュー

5 11件のレビュー

レビューを書く

5.0

2019年05月17日

他社製品と遜色ありません

他社の製品と比較のため同時に抽出を行いましたが、同等の収量および質を確保することができました。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。
2019年5月17日

昭和大学 薬学部 Takashi 様

5.0

2019年05月08日

操作性も良く、また収量、純度も遜色ない結果が得られた

Q社製品をこれまで用いてきたが、FastGeneTM RNABasicキットは操作性も良く、また収量、純度も遜色ない結果が得られた。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「Neuro2a細胞(マウス由来Neuroblastoma)を用いたRNA精製の検討(リアルタイムqPCRによる確認)」
⇒ ダウンロードはこちら

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第五部 様

5.0

2019年05月08日

RNA 精製 キットに価格と質を求める方には、強くお勧め致します

今回、マウスの培養細胞から細胞分裂に関わる遺伝子 A (約 3,500 bp) を単離する目的で本キットを使用しました。
評価のため Q 社のキットと比較したところ、同等の収量と純度で トータル RNA を精製することができました。
得られた RNA から cDNA を合成し、PCR により遺伝子 A の増幅を試みたところ、目的の位置にバンドが検出さ
れました。
この断片を精製し、制限酵素を用いてベクターに挿入したところ、問題なく遺伝子 A を単離することができました。
また、当研究室では他にも qRT-PCR で Q 社キットを用いた場合と同等の結果が得られております。
本キットは高い収量で純度の高いRNAを安定的に精製できることに加え、比較的安価であることから、RNA 精製
キットに価格と質を求める方には、強くお勧め致します。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「マウス乳癌由来FM3A細胞を用いたRNA精製の検討(PCRと電気泳動による確認)」
⇒ ダウンロードはこちら

東京理科大学基礎工学部生物工学科 ゲノム生物学研究室(村上研究室)柏葉 脩一郎 様

5.0

2019年05月08日

抽出したRNAの精製度が、これまでの手法で得られたものより非常に高かった

FastGene RNA精製トライアルキットにより抽出したRNAを用いたqPCR実験およびddPCR実験を行いました。
結果はこれまでのものと遜色なく、全く問題ない(むしろ良い)、との結論に至りました。
抽出したRNAの精製度が、これまでの手法で得られたものより非常に高かった点にも満足しております。本来、NALCNチャネルは in vivo 脳組織内での検出が非常に困難なタンパクです。
そこで、タグ配列を付加したNALCNタンパクを発現する脳組織に対し、タグ抗体を用いてより高精度にNALCNを検出することを目的とし、CRISPRで遺伝子改変マウスを作成しました。
その結果、脳組織ライセートを用いたウエスタンブロットにて非常に特異性の高いシグナルを確認することができました。
今回のPCR実験結果より、野生型との比較でmRNA発現量には変化がないということが示され、NALCNタンパクそのものの発現量にもおそらく影響がないだろうことが期待されます。
今後は、タグ付加型タンパクを発現する遺伝子改変マウスを用いて、NALCNチャネルの分子特性についてより詳細に解析したいと考えています。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「マウス脳組織(大脳皮質)から抽出したRNAを用いた定量PCR(リアルタイムqPCRおよびデジタルPCR)」
⇒ ⇒ ダウンロードはこちら

筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 柳沢・船戸研究室 藤山 知之 様

5.0

2019年05月08日

純度・濃度ともに問題なく抽出できている事からもRNA抽出キットの良さを様々な面で感じました。

時に多量のサンプルからRNAを抽出しなければならない時がありますが、このキットだと操作が30分程度で終了し、値段も安価。
収量もまったく問題ない量とれるので、重宝しています。純度・濃度ともに問題なく抽出できている事からも御社のRNA抽出キットの良さを様々な面で感じました。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「インテグリンの発現定量解析のためのサンプル調製」
⇒ ダウンロードはこちら

広島大学大学院医歯薬保健学研究科 インテグリン治療開発フロンティア研究室 大谷 水景 様

5.0

2019年05月08日

メダカ成魚脳1つ分のRNA抽出の収量自体は、いずれのキットでも大差なかった。

メダカ成魚脳1つ分のRNA抽出の収量自体は、いずれのキットでも大差なかった。
DNaseI処理や付属のゲノムDNAカラムを用いることで他社キットはゲノムの影響を除く仕様になっており、処理できていた。
FastGene社のカラムであればこの処理を行わずともゲノムのコンタミネーションが他社のゲノムDNA除去カラム処理を行ったものと同等レベルまで少なく、RNA収量も十分であることがわかった。
定量PCRの結果も安定している。
比較的安価であることも、FastGene™ RNA Basic Kitの大きなアドバンテージであると考えている。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「メダカ脳からのRNA抽出におけるキットのRNA収率・DNA混入率の比較名」
⇒ ダウンロードはこちら

東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 加用大地 様、神田真司 様

5.0

2019年05月08日

ジャンクションを挟んだプライマー設計ができない場合などDNAの混入を極力抑える必要のある実験において強い威力を発揮する製品です。

RNAの発現定量解析を行っていますが、「qPCRプライマーの設計ではゲノムDNAの検出を回避する手法が使えない」実験を行っているため、精製したRNAへのDNAのコンタミを極力抑えることのできる抽出キットを探していました。
FastGene™ RNA Premium Kit を用いて精製したRNAではDNAのコンタミに由来するシグナルがほとんど検出されず、他社製品を用いてRNAを精製した場合に比べ発現RNA量をより正確に定量することができました。
ジャンクションを挟んだプライマー設計ができない場合などDNAの混入を極力抑える必要のある実験において強い威力を発揮する製品です。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「精製RNAへの「DNAのコンタミネーション」を極力抑制できるRNA抽出キットの比較評価」
⇒ ダウンロードはこちら

国立研究開発法人 理化学研究所 生命機能科学研究センター 細胞システム分野 細胞極性統御研究チーム 有吉 哲郎 様

5.0

2019年05月08日

低価格なためとても使いやすいキットです

葉の発生の研究にあたって、様々なサイズの組織からRNAを抽出することがよくあります。
FastGene™ RNA Premium kit は、比較的多量の組織からごく少量の組織まで、単一のキットでカバーできる点や、少量の場合は最終溶出の容量を10μLまで減らせる点が使いやすく感じています。
また植物はイントロン配列が短いことからゲノムDNAのコンタミが問題になりやすいですが、本キットでは溶液中でDNase反応を行なうことで効果的にDNAの除去ができていると感じました。
逆転写酵素についても、長い配列をもつ遺伝子でもしっかりと逆転写できており、クローニング等の実験においては十分な品質であると感じました。
いずれも使用感や品質はこれまで使っていたキットと遜色がないですが、低価格なためとても使いやすいキットです。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「水草ミズハコベのRNA抽出法の検討と逆転写酵素反応の比較検討」
⇒ ダウンロードはこちら

東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 古賀皓之 様

5.0

2019年05月08日

手間と時間を大幅に低減することができ、非常に助かりました。

以前のRNA抽出方法(フェノール/クロロホルム抽出)では、gDNAのコンタミのため、gDNA由来の産物が増幅されてしまい、困っていました。(遺伝子の構造により、プライマー設計の工夫では回避できない。)
そのため、通常の抽出後に別途DNase処理を行い、もう一度フェノール/クロロホルム抽出と濃度測定をしてから逆転写を実施していました。
この方法では、手間と時間がかかっていたのですが、本キットではそれを大幅に低減することができ、非常に助かりました。
融解曲線の解析(結果2-②)でも、gDNA由来の産物は確認されず、結果に大変満足しています。
また、一つのキットの中にホモジナイズ、精製、DNase処理がすべて含まれていて、なおかつ安価なのでありがたいです。
Lysisバッファーや、DNaseの量にもう少し余剰があると安心です

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「FastGene™ RNA Premium Kitによる培養細胞からのRNA抽出事例(補足:FastGene™ RNA mini-elute columnを用いたクリーンナップ)」
⇒ ダウンロードはこちら

お客様

5.0

2019年05月08日

簡便に高純度なRNAが十分量精製できます。

フェノールとチオシアン酸グアニジンを用いた方法に比べ、簡便に高純度なRNAが十分量精製できます。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「褐色脂肪組織からのRNA抽出(応用事例)」
⇒ ダウンロードはこちら

お客様

5.0

2019年05月08日

初心者の多い研究室でもしっかりと精製できているため満足です

LightCycler®を購入し、Roche社の試薬を販売する日本ジェネティクスに相談したところ、安価で品質が良いとおすすめされたため、RNA精製では手間がかかるが、初心者の多い研究室でもしっかりと精製できているため満足です。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「ヒト骨髄由来間葉系幹細胞の発現定量解析(プライマーチェック)」
⇒ ダウンロードはこちら

学校法人トヨタ学園 豊田工業大学 先端工学専攻 高分子ナノ複合材料研究室 古谷 充 様

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ