ダイターミネーター除去キット

(FastGene Dye Terminator Removal Kit)

FastGene

製品概要

●乾燥ゲル(粉末)採用により、室温で1年間保管可能!
●乾燥ゲルは、10prep単位ごとに膨潤可能で便利!
●最適化されたプロトコルにより、きれいなシーケンスデータが得られます!

プロトコルを一部変更いたしました。(2011年7月28日)
変更内容および詳細については、大変お手数ですが「おしらせ」の案内文をご覧ください。
なお、関連情報からダウンロードいただける取扱説明書およびクイックガイドは、プロトコル変更後のバージョンに更新しました。

仕様

【仕様】
●ゲルろ過法(遠心)
●最大溶出量: 20ul
●操作時間: 5分 (ゲル膨潤時間は含みません)
●保存条件: 室温で1年間 (膨潤後のゲルは4℃保管必須、14日間保管できます)
●乾燥ゲル: 10prep単位に小分けされています

【キット内容】
●FastGene DTカラム
●FastGene G50レジン(乾燥ゲル)
●2ml コレクションチューブ
●膨潤バッファーDT

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)14:30迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo.概要単位価格在庫
FG-9411 FastGene Dye Terminator Removal 50preps 在庫あり

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

関連記事(UP! Online)

FAQ

製品仕様 FastGene Dye Terminator Removal Kit FG-9411は、室温(15-25℃)で保管との記載がありますが、もしこの条件を外れる場合は、冷蔵(4℃)、30℃を超える室温のどちらを特に避けるべきですか?
少なくとも30℃を超える室温は避けていただけますようお願い申し上げます。
一方、4℃では、保管中の影響は少ないと予想されますが、特に夏場では、4℃から室温保管に戻した後の結露の影響などが懸念されます。

大変恐れ入りますが、極力、推奨の保存方法で保管いただけますようお願い申し上げます。
(その温度範囲で保管した場合に、キットに影響がないことが実際に確認されているためです。)
使用方法・
技術的内容
FastGene Dye Terminator Removal Kitを使用しサンプルのクリーンアップをしたあと、取扱説明書には「回収した精製サンプルは、各シーケンサーの推奨に従ってご使用ください。」と書かれておりますが、この後のサンプル調製プロトコルをご教示下さい。
大変恐れながら、各シーケンサー用のサンプル調製方法につきましては、本キットで精製した後のステップ(各シーケンサーの前処理)となっておりまして、基本的には各シーケンサーの推奨方法に従ってご使用くださいますようお願いしております。大変申し訳ございません。
何卒、ご理解のうえ、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

なお、例えばHi-Diホルムアミドがバッファーとして推奨されている場合、弊社キットで溶出したサンプルをドライアップしてから、この推奨バッファーで再懸濁してシーケンスされていらっしゃる方もおりますし、あるいは、溶出液をそのままダイレクトに使用してシーケンスされていらっしゃる方もいるようです。
参考までに、弊社では、ABI PRISM® 3130、ABI PRISM® 3730をご使用のお客様から、「溶出液をそのままダイレクトに使用してシーケンスしている」というフィードバックをいただいたことがあります。
製品仕様 法規制について教えてください。 (1) 組換えタンパクが含まれているどうか? ・組換えタンパクが含まれている場合、カルタヘナ法に該当するか ・組換えタンパクが含まれている場合でカルタヘナ法に該当しない場合、タンパクの作成方法はなにか?(大腸菌由来、CHO由来、or その他) (2) BSL2に該当するか?(該当の場合は該当物質名) (3) 毒物・劇物・特定化学物質に該当するか?(該当の場合は該当物質名)
(1) 本製品には組み換えタンパクは含まれておりません
(2) 該当いたしません。
(3) 該当いたしません。

この製品に関するFAQ一覧

レビュー

レビューはまだ投稿されていません。投稿をお待ちしております。

レビューを書く

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ