ツイストアンプエヌエフオー

ツイストアンプエヌエフオー

(TwistAmp®nfo)

TwistDx™

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
  • CPキャンペーン価格
  • ECEC going 特別価格

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)12時迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo. メーカーコード・旧型番 概要 単位 価格 在庫 EC価格
TANFO02KIT TwistAmp nfo
キャンペーン中! 期間:2020年09月30日 まで
1キット 在庫わずか
MILENIA01 Milenia HybriDetect 1 100個入り 在庫わずか
PCRD3Kit PCRD Nucleic Acid Detection
販売中止
50個入り 販売中止

EC going 及び BPM購入システムとは?
EC going FAQ

製品概要

この製品の動画

See how Recombinase Polymerase Amplification works


この他にもたくさんの動画がございます。

How to use TwistAmp® Basic

How to use TwistAmp® exo

How to use TwistAmp® nfo

How to use TwistAmp® Liquid Basic - Primer Screen Setup

How to use TwistAmp® Liquid Basic - Template Screen Setup

How to Use TwistAmp® Liquid exo - Primer Screen Setup

How to use TwistAmp® Liquid exo - Template Setup

 

RPA in biodefense applications

RPA and infectious disease detection

RPA and microfluidics

RPA and plant pathogens

RPA and animal diseases

Water hygiene testing with RPA

 

ベーシックリサーチや目的に合わせてアレンジが可能なベーシックキット。
電気泳動、蛍光、ラテラルフロー等の検出方法と組み合わせてお使いください。
ラテラルフロー等のサンドウィッチアッセイ用に最適なキットです。

特長

・終点検出可能

  ・単一分子の検出

・ラテラルフローディップスティックに適合

・多重化可能

・96反応

コンポーネント

品名 容量 入数 形状   保存温度
freeze-dried TwistAmp® reaction pellets 96 1 凍結乾燥 -20℃
Primer Free Rehydration buffer 4ml 1 凍結乾燥 -20℃
280mM Magnesium Acetate (MgOAc) 500μl 1 凍結乾燥 -20℃
Positive control template(DNA) 100μl 1 凍結乾燥 -20℃
Positive control primer/probe mix (primers and a probe) 75μl 1 凍結乾燥

-20℃

PCR法/LAMP法 との違い

技術 典型的な
インキュベーション温度(℃)
インキュベーション
時間(分)
原理の科学論文の根拠 多重化
RPA 20-45 <10 Real-time fluorescence, lateral flow, gel, NGS, SNP, dRPA, microarray, nesting, echem, solid-phase, microfluidics, naked eye
PCR サーモサイクリング 20-180 Real-time fluorescence, lateral flow, gel, NGS, SNP, dPCR, microarray, nesting, echem, solid-phase, microfluidics, naked eye
LAMP 60-65 <60 Real-time fluorescence, lateral flow, gel, turbidity, microfluidics, naked eye かなり複雑

 

関連製品

TwistAmp® Basic

TwistAmp® exo

TwistAmp® fpg

TwistAmp® exo+Campylobacter/+Listeria

TwistGlow® Salmonella

TwistFlow® Salmonella

T16 Isothermal Device

T8 Isothermal Device

Twirla™

参考文献

Fast and sensitive isothermal DNA assay using microbead dielectrophoresis
for detection of anti-microbial resistance genes

(微粒子誘電泳動を用いた薬剤耐性遺伝子の迅速・高感度な等温DNAアッセイ)


アブストラクト
近年、薬剤耐性病原菌の脅威が広まっている。本論文では薬剤耐性遺伝子(AMR)であるblaCTX-M-15を迅速かつ高感度に検出する新しい手法について述べる。その手法は、等温DNA増幅法(RPA、recombinase polymerase amplification)と微粒子誘電泳動を用いたDNA検出方法を組み合わせたものである。RPA増幅DNAを誘電体微粒子上に捕捉し、誘電泳動インピーダンス計測法(DEPIM)によってそのRPA増幅DNA量を計測する。二種類、2ステップと1ステップ、のRPA増幅DNAを微粒子に結合する手法を考案した。1ステップ法では、RPAと増幅DNAの微粒子への結合を同時に行う。blaCTX-M-15を含む精製組み換えプラスミドとAMR細菌(大腸菌NCTC 13441株)から抽出したゲノムDNAを検出対象とした。1ステップ法の検出感度は、精製プラスミドでは2 copies/reaction、ゲノムDNAでは50 copies/reactionであった。本アッセイの定量範囲は105 copies/reactionであり、検出時間は26分である。2ステップ法、1ステップ法とのに簡便かつ迅速であり、ラテラルフロー法とは異なり定量的である。

 

著者
中野道彦(九州大学)、Sumit Kalsi(サウサンプトン大学)、Hywel Morgan(サウサンプトン大学)

 

書誌
Biosensors and Bioelectronics, 117 (2018) 583-589
DOI: 10.1016/j.bios.2018.06.063

仕様

・パウダー状

・保管温度:-20℃

 

 

 

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

関連記事(UP! Online)

UP!Onlineサイトの新着情報がタイムリーに届く、無料のWEB会員サービスはご存知ですか? 会員様限定キャンペーンもどんどん増えてます。登録はお早めに!

会員登録(無料)

製品カタログ

FAQ

使用方法・
技術的内容

RPAプライマーをどのように設計するのでしょうか?

良好なRPAプライマーは、Appendixにおいて詳述されているスクリーニングのプロセスによって特定されます。

使用方法・
技術的内容

テンプレートの定量にTwistAmp® の反応液を利用できますか?

はい。所定のアッセイについて検出可能な増幅が開始される時間は、開始テンプレート物質の量に依存します。開始すべきテンプレートのコピー数が多ければ多いほど、検出時間もそれだけ早まることになります。ですが、このような「時間に基づいた」定量では、比較される反応が(例えば「マグネシウム開始」を通じて)確実に同時開始されるような注意深い実験準備が求められます。定量の解像度には比較的遅い増幅反応が役に立ちます。増幅速度を遅らせるための戦略(適切なプライマーの設計も含めて)につきましてはAppendixで述べられています。

使用方法・
技術的内容

ラテラルフローにおける使用ではプライマーとnfoプローブをどちら向きに標識化するべきですか?

実際には標識をどちら向きに用いても差はありません。つまり、どちらかの標識をプローブに、他方の標識をプライマーに施すことになります。今後の試験開発を容易にするため、標識抗体用のハプテン(Milleniaに対するFAM、PCRDに対するビオチン)をプローブ上に配することが有効であると分かる場合もあります。このようにして、ラインが2つあるストリップをマルチプレックスに用いようとするユーザーは、新たなプローブをオーダーするよりも、むしろ、新たに標識化されたプライマーをオーダーすることによって、ストリップ上におけるどちらのラインを検出するかを変更することができます。

3件 /53件を表示

この製品に関するFAQ一覧

レビュー

レビューはまだ投稿されていません。投稿をお待ちしております。

レビューを書く

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ