ウイルスブースト試薬

ウイルスブースト試薬

(ViralBoost Reagent)

ALSTEM

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
  • CPキャンペーン価格
  • ECEC going 特別価格

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)12時迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo. メーカーコード・旧型番 概要 単位 価格 在庫
VB100 ウイルスブースト試薬
販売中止
1 ml 販売中止

EC going 及び BPM購入システムとは?
EC going FAQ

製品概要

製品説明

ウィルスブースト試薬 (500X) は、ウィルス産生を増大させることができる低分子の新型混合物であり、効果的にウィルスをパッケージングできる強力で幅広く応用が可能な試薬です。
ウィルスブースト試薬は、ウィルスRNAパッケージングを転写レベルまで安定して調整できることから、レトロウィルスまたはレンチウィルスの産生を最大10倍に増大できます。
使用方法も簡単であることから、ウィルスブースト試薬はあらゆるスケールのウィルスパッケージングに適しています。


図1. ウィルスブースト(ViralBoost)試薬なしでパッケージングしたGFPレトロウィルスを使った場合と、ウィルスブースト試薬を使ってパッケージングしたGFPレトロウィルスを使って形質導入されたHEK 293T細胞のフローサイトメトリーデータ。


図2. ウィルスブースト(ViralBoost)試薬を使用してパッケージングしたGFPレンチウィルスを使った場合と、ウィルスブースト試薬なしでパッケージングしたGFPレンチウィルスで形質導入したHEK 293T細胞。

品質管理

各ロット毎にヒト胚性腎臓293T細胞へのトランスフェクションアッセイテストを実施しています。

使用方法

レトロウイルスまたはレンチウイルスパッケージングプラスミド混合物でヒト胚性腎臓(HEK)293T細胞へトランスフェクション後6-14時間で、10%不活化ウシ胎児血清および0.5%ペニシリン - ストレプトマイシンを含む新鮮なDMEM培地に交換し、新鮮な培養培地1vol.に対しウイルスブースト試薬1/500vol.を加え37℃CO2インキュベーターでインキュベーションします。

使用上のご注意

・人体に使用できません
・研究用以外の目的で使用しないでください

仕様

保存条件:冷蔵(4℃)
使用期限:製造後12か月

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

取扱説明書

レビュー

レビューはまだ投稿されていません。投稿をお待ちしております。

レビューを書く

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ