ヒトiPS細胞株(レトロウイルス)

ヒトiPS細胞株(レトロウイルス)

(Human iPS Cell Line (Retroviral))

ALSTEM

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
  • CPキャンペーン価格
  • ECEC going 特別価格

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)12時迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo. メーカーコード・旧型番 概要 単位 価格 在庫
iPS01 ヒトiPS細胞株(レトロウイルス)
販売中止
2x105 cells/バイアル 販売中止

EC going 及び BPM購入システムとは?
EC going FAQ

製品概要

製品説明

ヒトiPS (人工多能性幹) 細胞株は、OCT4、SOX2、KLF4、c-MYC遺伝子のレトロウィルス発現によってヒトの包皮線維芽細胞 (HFF) から、形態的な選択基準を使い、蛍光マーカーや薬剤選択を使わずに作製されました。標準のヒトES細胞培養条件で培養すると、ヒトiPS細胞の形態はヒトES細胞の形態と同一です。また細胞は、多能性マーカーSSEA-4およびNanogを発現し、強い内因性アルカリホスファターゼ活性を示します。

概要

このプロトコールは、ヒトiPS細胞の培養に使用できます。ヒトiPS細胞は、体細胞の多能性状態へのリプログラミングを誘導することがわかっている4つのヒト転写因子 (OCT4、SOX2、KLF4、c-MYC) を個別にコードするレトロウィルスを形質導入して作製されました。本細胞は形態的な選択基準を使い、蛍光マーカーや薬剤選択を使わずに作製されました。標準のヒトES細胞培養条件で培養すると、ヒトiPS細胞の形態はヒトES細胞の形態と同一です。また細胞は、多能性マーカーSSEA-4およびNanogを発現し、強い内因性アルカリフォスフォターゼ活性を示します。

品質管理

ヒトiPS細胞(Cat.No.iPS01)はmTeSR1培地で増殖しました。各ロットのヒトiPS細胞は、凍結保存し解凍後の生存率及び増殖の確認をしています。さらに各ロットごとに、SSEA-3およびNanogの発現、ならびにアルカリホスファターゼの活性の試験を行っています。

安全上のご注意

冷凍バイアルを取り扱う際には必ずフルフェイスマスク、保護手袋、白衣を着用して下さい。液体窒素に保管する際には、バイアルが液体窒素に浸からないように注意してください。バイアルを液体窒素から取り出す際にはバイアルが破裂しないようにキャップを徐々に開けバイアル内の圧力を抜いてください。

使用上のご注意

・人体に使用できません
・研究用以外の目的で使用しないでください
・ご購入前にユーザー通知書を必ずご一読頂き、ご理解下さい。

仕様

保存条件:受け取り後ただちに液体窒素の気相中に保管して下さい
使用期限:製造日から6ヶ月

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

レビュー

レビューはまだ投稿されていません。投稿をお待ちしております。

レビューを書く

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ