NGSライブラリー調製(LP) RNA-Seq Kit (for illumina)

NGSライブラリー調製(LP) RNA-Seq Kit (for illumina)

(KAPA Stranded RNA/mRNA-Seq Kit (for illumina))

KAPA BIOSYSTEMS

製品概要

特長

100ng-4μg Total RNAからストランド特異的なライブラリーを調整
・最適なmRNAキャプチャー・ビーズが付属
(キャプチャー・ビーズなしのStranded RNA-Seq Kitもご用意しています)
エンジニア酵素により増幅バイアスを低減し、GCリッチ或いは低発現な遺伝子におけるシークエンスカバー率を向上
独自の”With-Beads"プロトコールで、A-テーリングおよびライゲーションの反応効率とライブラリーDNAの回収率を向上


より難しいトランスクリプトのシークエンスを可能に
●GCリッチなトランスクリプトのカバー率を改善
●同定できるエクソン領域を拡大

関連製品

KAPA RNA HyperPrep Kitシリーズ
●改良版の新製品
●mRNAキャプチャー、rRNA除去用のKAPA Ribo Erase(HMR)、RNA濃縮試薬を用いない場合の3種類のワークフローで利用可能


ロシュ社SeqCap実験用にRNA-Seq Kit をご使用されるお客様へ

2016年3月31日までロシュ・ダイアグノスティックス株式会社にて販売しておりましたライブラリー調製キットは、一部販売中止もしくは型番が変わり弊社にて販売しております。
詳しくはこちらのご案内をご覧ください。

仕様

KAPA stranded RNA/mRNA-Seq Kit
【キット内容】
mRNAキャプチャー ビーズ
mRNAビーズ バインディングバッファー
mRNA ビーズ ウォッシュバッファー
RNaseフリー水
Fragment、Prime and Eluteバッファー
1st Strand Synthesisバッファー
KAPA Script
2nd Strand Makingバッファー
2nd Strand Synthesis酵素ミックス
A-テーリングバッファー
A-テーリング酵素
ライゲーションバッファー
DNAライゲース
PEG/NaCl SPRI溶液
ライブラリー増幅プライマーミックス
KAPA HiFi HotStart ReadyMix

※アダプターは含まれておりません。
※磁気ビーズ”AMPure XP”は含まれておりません。

※mRNAキャプチャービーズ付のキット(KK8420)にのみ付属しています


保存条件: -20℃
使用期限: ラベルに記載の期限まで(製造から8ヶ月)

の構成品
保存条件: 受け取り次第、2~8℃にて保管
使用期限: ラベルに記載の期限まで(製造から8ヶ月)

KAPA Adapter Kit(イルミナ用)
【仕様】
濃度 30μM
容量 24インデックス 各20μl (Index No. 1-16、18-23、25、27)

【保存条件】
●-20℃
※ご注意:性能に影響するため、氷上でご使用いただくなど、出来る限り室温より低い温度でお取り扱いください

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
CatNo.概要単位価格在庫
KAPA Stranded mRNA-Seq Kit, with KAPA mRNA Capture Beads
KK8420 KAPA Stranded mRNA-Seq Kit / mRNAキャプチャビーズ付 KK8400: Stranded RNA-Seq LP Kit (24rxn) KK8440: KAPA mRNA Capture Kit (24rxn) 24反応分 お問い合わせください
KK8421 KAPA Stranded mRNA-Seq Kit / mRNAキャプチャビーズ付 KK8401: Stranded RNA-Seq LP Kit (96rxn) KK8441: KAPA mRNA Capture Kit (96rxn) 96反応分 お問い合わせください
KAPA Stranded RNA-Seq Kit
KK8400 KAPA Stranded RNA-Seq Kit 24反応分 お問い合わせください 受注発注品
KK8401 KAPA Stranded RNA-Seq Kit 96反応分 お問い合わせください 受注発注品
FastGene Adapter Kit(イルミナ用)
FG-NGSAD24 FastGene Adapter Kit (24インデックス No.1-16, 18-23, 25, 27 各20ul)
販売中止
1キット 販売中止

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

製品カタログ

アプリケーションノート

取扱説明書

FAQ

使用方法・
技術的内容
KAPA Stranded mRNA-Seq Kitに使用するRNAは、どのくらいの品質が必要でしょうか? また、バイオアナライザーによりRNAの品質を確認しておくことは必要でしょうか?
Kapa社の見解としても、やはりインプットRNAの品質が高いほど、より多くの高品質なリードが得られるとのことです。
このため、サンプルの品質を確認しておくことは重要となります。
品質確認方法としては、バイオアナライザーでRINスコアをご確認されることをお勧めいたします。
どのくらいの品質が求められるか、という点については、どのくらい品質が落ちたデータまで許容できるか、に依存しますため、明確な基準が難しいのですが、Kapa社によりますと、ある程度の品質のデータを得るためには、少なくともRINスコア7.0以上を推奨するそうです。
また、RINスコアが7.0を下回った場合は、RNAの分解の程度が進んでいることを意味いたします。
この場合、mRNA精製ビーズ(オリゴdT-ビーズ)でキャプチャーできるpoly-Aテールを持つRNAの量が断片化で少なくなったり、キャプチャーしてもその先が短く断片化されていたりしますため、データ量を維持するにはインプット量を増やす必要が出てきます。
更に、2.0付近まで低下してしまうと、mRNA精製ビーズでは効果的にキャプチャーできなくなります。
使用方法・
技術的内容
フェノール抽出したRNAを用いる場合、キャリーオーバーコンタミネーションによって酵素反応に影響を与える物質には、どのようなものが予想されるでしょうか?
予想されるものとしては、フェノール、クロロフォルム、エタノールなどになります。
フェノールの持ち込みを回避する方法としては、フェノール抽出後に、再度AMPureXPや、RNACleanなどの市販のRNAクリーンナップキットで精製します。実際に、本キットをご使用のお客様にそのように追加精製されていらっしゃる方もいらっしゃいます。
ただし、2回精製を実施しますと、その分、サンプルのロスも発生しますので、ご注意ください。
AMPureXPで精製する場合には、極力ロスの割合を減らすため、2.2xの濃度(サンプル量の2.2倍量のAMPureXPを添加)で実施ください。
エタノールの残留も、酵素反応に影響しますが、エタノール洗浄後の残液を十分に除去すれば、通常はその後の10分間の乾燥ステップで問題ないレベルとなります。乾燥ステップの前に、遠心をして残液を除去すると効果的です。逆に過乾燥しますと、ビーズが破砕され、溶出後の回収率が落ちますので、ご注意ください。
使用方法・
技術的内容
トータルRNAの多くがrRNAで占められておりますが、本キットの逆転写ステップでは、rRNAは、問題にならないでしょうか?
本キットでは、最初のステップでmRNAのポリAに結合するmRNA精製ビーズでmRNAのみを回収するため、この時点でほとんどのrRNAは除去されています。(その後、ランダムプライマーで逆転写いたします。)
ですので、基本的にはrRNAは問題になりませんが、非特異的にRNA精製ビーズで回収される場合があるため、データとして出てくる可能性はございます。

この製品に関するFAQ一覧

レビュー

レビューはまだ投稿されていません。投稿をお待ちしております。

レビューを書く

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ