FAQよくある質問

事前にパルスフィールド電気泳動でサイズ確認して、Blue Pippinを使用しています。

サンプルのサイズ・量と泳動条件を揃えて抽出しても、

回収量が大きく変動することがありますが、その場合はどのような原因が考えらえますか?

 

一般的に回収量が大きく振れる原因は、主に下記の2つの要因が考えられます。

 

 ① 回収時のバラつき:DNAは溶出ウェルの最終膜(限外ろ過膜)でトラップされます。

           回収時にピペッティング等で膜から遊離させますが、この時に回収率がバラつき易いです。

 

 ② 泳動中のバラつき:基本原理がアガロース電気泳動ですので、原理上環境条件やサンプル中の電荷物質などの諸要因で、

           Runバッチ間の移動度のバラつきが生じ易いです。

           特に長鎖の場合や長時間の電気泳動では、レーン間の移動度のバラつきが大きくなります。

対象製品

回答日 -1年11月30日 トラブル
シュート

このFAQは役に立ちましたか?

役に立った いいえ
0人が役に立ったと言っています

ご協力ありがとうございました。

ページトップへ