OUTLET MARKET マウス アイソタイピングキットM8a
研究用消耗品・研究用試薬・研究機器のアウトレット

DETAILS商品詳細

マウス アイソタイピングキットM8a

アンタジェンバイオサイエンシス

マウス アイソタイピングキットM8a

正規型番:ISO-M8a-5アウトレット型番:OL-AT-3643
入数:5tests

  • ワケあり
説明
期限切れ間近 or 直後の製品です(使用期限:2019年5月)。
2019年8月末まで掲載いたします。

正規品の情報はこちらをご覧ください。
リンク先のページが表示されない場合や、詳しい商品情報をお求めの場合はお問い合わせ下さい。

商品仕様

Get results in less than 3minutes!

通常数日かかる検出作業がたったの3分で完了!
5分以内で迅速にアイソタイプを検出可能なラテラルフローアッセイで、従来のELISA法よりも便利なキットです。

判定可能なアイソタイプ

品番 クラス/サブクラス L鎖
ISO-M8A IgG1、IgG2a、IgG2b、IgG3、IgA、IgM κ、λ
ISO-M8C IgG1、IgG2b、IgG2c (*)、IgG3、IgA、IgM κ、λ

* BALB/c マウスは IgG2a を発現しますが、C57BL/6、C57BL/10、NOD などの数種類の近交系マウスは IgG2a 遺伝子を持たず、 代わりに IgG2c アイソタイプを発現します。

アイソタイピングに関して

異なるアイソタイプおよびサブクラスの抗体は、通常、in vivo で異なるエフェクター機能を示します。
したがって、ハイブリドーマをスクリーニングする場合、望ましいサブクラスおよびアイソタイプを持つ高産生クローンに的を絞ることが必要です。

加えて、免疫グロブリンの最良の精製法を検討する上で、モノクローナル抗体のクラス・サブクラスの決定は有用です。
例えば、IgAやIgM抗体は多くの場合サイズ(ゲル排除)による精製か、イムノアフィニティ分離カラムによって精製されます。
一方、IgG2aおよびIgG2bは プロテインAによって pH7~8 で精製されます。
IgG1 は、pH8~9でプロテインAに結合します。

コンポーネント

5、10、20テストの3種類の包装サイズで販売しています。

それぞれテスト数分のパウチが含まれ、各パウチに2種類のカセットが入っています。


ISO-M8A

ISO-M8C

  1. カセット(IgG1、IgG2a、IgG2b、IgG3 検出用)
  2. カセット(κ、λ、IgA、IgM 検出用)
  1. カセット(IgG1、IgG2b、IgG2c、IgG3 検出用)
  2. カセット(κ、λ、IgA、IgM 検出用)

使用例

抗体溶液100 μLを、本製品のカセットにロードすると、抗体のアイソタイプがラインで表示されます。
また、テストの成否を示す別のラインがコントロール(C)に表示されます。


ISO-M8A

ISO-M8C

サンプル調製方法

細胞培養上清 精製済み抗体 腹水
PBSで 1:10 - 1:100 に希釈。

(原液でも使用可能。
PBSで 0.5~2 μg/mL に希釈

腹水には、複数のイムノグロブリン(Ig)が通常含まるため、推奨いたしません。

なお腹水サンプル中における主要なアイソタイプの相対的分布を決定する目的でご使用いただけます。

(PBSで 1:10,000 に希釈。

プロトコール

  1. 水平な場所にカセットを置きます。
  2. サンプルウェルに抗体液 80~100 μL を加え、5分間待ちます。
  3. 抗体のアイソタイプに対応する赤色ラインと、「C」の位置にある赤コントロールラインが5分程で表れます。

注1: 20分以内に判定を行ってください
注2: 培地の色によりバックグラウンドが高くなる場合は、バッググラウンドを低減するために PBS 40-60 µL を添加してください。


 
 


通常価格
¥ 31,000

80%OFF¥ 6,200(税別)

登録無料 会員限定キャンペーン複数実施中!

在庫 7
数量 

会員登録

この商品について問い合わせる