細胞膜融合試薬

フューズイットmRNA(Fuse-It-mRNA)

試薬 >> 細胞関連試薬・細胞 >> 細胞膜融合試薬

  • 製品概要
  • 仕様
  • 製品カタログ
  • 取り扱い説明書
  • アプリノート
  • MSDS

概要 お気軽にお問い合わせください

細胞内にタンパク質や粒子を一過的に導入。最新の膜融合(Membrane Fusion)法
生きた細胞の細胞膜を効率的に蛍光ラベルする試薬

最速のmRNA 送達 ーエンドサイトーシスやリソソーム分解を介しません
15 - 30 分後には「mRNA 導入 - タンパク質合成」を検出

特に初代培養細胞(ニューロンまたはHUVEC)や幹細胞に効率的

5’キャップおよびポリアデニル化されたmRNAの転写のために最適化されたプロトコル
低い細胞毒性と優れた生体適合性


アプリケーション

mRNA導入および分解研究 

タンパク質生化学研究:合成、フォールディング、プロセッシング、安定性、局在性、分解性
遺伝的に改変された生物(GMO)を用いることなく、初代培養細胞へのmRNA導入
RNAのみによるゲノム工学CRISPR / Cas技術

 

膜融合(Membrane Fusion)法とは?
哺乳類細胞の中にさまざまな分子や粒子を導入する、機能研究や治療的アプローチのための非常に優れた手法です。
特別なリポソーム担体は、物理化学的な原理によって細胞の形質膜に結合し、速やかに融合します。

Fuse-Itとは?
Fuse-Itシリーズは、「細胞膜に直接融合できる脂質」をベースとした革新的な製品です。
独自の生体適合性脂質は、数分~数十分で迅速に細胞膜に融合します。
エンドサイトーシスに依存しないため、細胞の種類に依らず80%以上という高い融合効率を示します。
●細胞の種類、細胞密度、細胞のステージを選びません
●dye、タンパク質、脂質、ビーズなどの導入にお使いいただけます
※超音波水槽(周波数35kHz、出力100~800W、~20分間の設定が可能なもの)が必要となります。

 

▼実際の各種細胞の使用実績やデータはibidi社製品ページをご覧ください。

https://ibidi.com/fuse-it-membrane-fusion/92-fuse-it-mrna.html

 

関連製品のご案内

Fuse-It P(生きた細胞の細胞質に水溶性タンパク質やペプチドを導入させるための試薬)

Fuse-It Color (生きた細胞の細胞膜を効率的に蛍光ラベルする試薬)

Fuse-It Beads (生きた細胞の細胞質に分子や粒子を導入させるための試薬)

Fuse-It siRNA生きた細胞の細胞膜を効率的に蛍光ラベルするsiRNA導入用試薬

仕様 お気軽にお問い合わせください

・濃度:6mM

・保存条件:-20℃で6ヶ月間(使用期限はラベルに記載)

・キットのコンポーネント

   融合誘導溶液(FS):バイアル2本

   中和バッファー(NB):バイアル2本

・蛍光ラベル:infrared fluorescent(ExMax / EmMax750 / 780nm)

MSDSお気軽にお問い合わせください

ibidi Fuse-It-mRNA (Neutralization buffer)/英語
公開日:2018年01月12日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.13 MB
ダウンロード
ibidi Fuse-It-mRNA (Fusogenic solution)/英語
公開日:2018年01月12日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.13 MB
ダウンロード

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

お気軽にお問い合わせください

オーダー情報

在庫有り(6個以上) 在庫わずか(1~5個) お問い合わせください 受注発注品 別途送料請求あり 在庫無くなり次第販売中止 販売中止 返品不可
CatNo. 概要 単位 価格 在庫
ib60500 Fuse-It-mRNA
キャンペーン中! 期間:2018年03月31日まで
2×150μL ¥74,000
¥44,400

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

お気軽にお問い合わせください

ページの先頭へ戻る

Copyright(C) NIPPON Genetics Co, Ltd All Rights Reserved.