NGSライブラリー増幅キット(LA Kit)

NGSライブラリー増幅キット (LAキット)(KAPA Library Amplification Kit (LA Kit))

試薬 >> 次世代シーケンス(NGS)関連試薬 >> NGSライブラリー増幅キット(LA Kit)

概要

PCRによって引き起こされるバイアスに対処し、シーケンスカバー効率の均一性を
向上させることを目的に開発されました。

【特長】
・ハイフィデリティーエンジニア酵素使用 (KAPA HiFi / KAPA SYBRFast)
・アダプター結合後の増幅時にバイアスを低減すること可能で、シーケンスカバー率を向上。
・GCおよびATリッチゲノム領域の増幅率向上
・低GCおよびATリッチ領域でもバイアス発生低減されます
・2種類のキットから選べます (PCR法 と リアルタイムqPCR法)
・リアルタイムqPCR法では、時間のかかるゲル電気泳動が不要です。


【参考文献1】

英国 Wellcome Trust Sanger 研究所において、KAPA HiFi DNA polymerase(KAPA LibararyAmplificationKit)による NGSライブラリーのバイアス低減の有用性が検証されました。

(1)
Samuel O Oyola * et al., Optimizing Illumina Next-Generation Sequencing library preparation for extremely AT-biased genomes BMC Genomics 13:1, (2012)
*Wellcome Trust Sanger Institute, Hinxton, UK.
「Illumina社次世代シーケンシングにおけるATリッチなライブラリー調製の最適化」
(右 【関連情報】の参考文献よりダウンロード可能です。)

(2)
Michael A Quail* et al., Optimal enzymes for amplifying sequencing libraries, Nature Methods 9,10 11 (2012)
*Wellcome Trust Sanger Institute, Hinxton, UK.
「次世代シーケンスにおけるライブラリー増幅に最適な酵素」

 

【参考文献2】

KAPA Biosystems社製品を用いて開発された”LIMprep法”が応用されている「高感度な単一細胞のRNA-Seq」に関する論文が発表されました。

Yohei Sasagawa, Itoshi Nikaido, Tetsutaro Hayashi, Hiroki Danno, Kenichiro D Uno, Takeshi Imai and Hiroki R Ueda,

Quartz-Seq: a highly reproducible and sensitive single-cell RNA-Seq reveals non-genetic gene expression heterogeneity, Genome Biology 2013, 14:R31 (doi:10.1186/gb-2013-14-4-r31) http://genomebiology.com/2013/14/4/R31/abstract

 

●アプリケーションノート(国内実績)
理化学研究所 笹川洋平 様よりご提供いただいたLIMprep法に関するアプリケーションデータは、
本ページ上部「アプリノート」タブ内よりダウンロードいただけます。
下記から詳細プロトコールもご覧いただけます。

微量(0.1-10ng)サンプルからのMultyplex Library Preparation Method
- LIMprep(Ligation based Illumina Multiplex library PREParation method) -

 

●LIMprep詳細プロトコールはこちら

*ご注意
Quarts-Seq(シングルセル RNA-Seq)におけるLIMprepのプロトコールは、精製ステップなどに若干修正が加えられた
Quarts-Seq専用のLIMprepプロトコールとなっております。
大変お手数ですが、Quarts-Seq全般に関するプロトコール(Quarts-Seq専用LIMprep含む)は、下記の
理化学研究所 情報基盤センターバイオインフォマティクス研究開発ユニットのプロトコールページよりダウンロードください。
http://bit.accc.riken.jp/protocols/


【参考文献3】
Naomi Park* et al,
An improved approach to mate-paired library preparation for Illumina sequencing,
Methods in Next Generation Sequencing. Volume 1, Pages 10–20, ISSN (Online) 2084-7173, DOI: 10.2478/mngs-2013-0001, July 2013

*Wellcome Trust Sanger Institute, Hinxton, UK.
「Illumina社次世代シーケンシングにおけるメイトペア・ライブラリー調製法の改良」

<リンク先>
この論文のリンク先はこちらになります。このページから直接ダウンロードできます。


仕様

■キット内容
●KAPA Library Amplification Kits (PCR法)
・2x KAPA HiFi Hot-Start ReadyMix

●KAPA Library Preparation Kits with Real-Time Amp (qPCR法)
・2x KAPA HiFi HotStart Real-Time PCR Master Mix
・4 x 1.5 ml Fluorescentスタンダード

■保存条件:
-20℃で1年間
※独自の酵素安定化剤により、凍結融解の影響をほとんど受けません。

オーダー情報

在庫有り(6個以上) 在庫わずか(1~5個) お問い合わせください 受注発注品 別途送料請求あり 在庫無くなり次第販売中止 販売中止 返品不可
CatNo. 概要 単位 価格 在庫
KK2611 KAPA ライブラリー増幅キット 50回/50ul反応 ¥12,800
KK2612 KAPA ライブラリー増幅キット 250回/50ul反応 ¥52,100
KK2701 KAPA ライブラリー増幅キット リアルタイムPCR
販売中止
50回/50ul反応 ¥51,000
KK2702 KAPA ライブラリー増幅キット リアルタイムPCR
販売中止
250回/50ul反応 お問合せください

ページの先頭へ戻る

Copyright(C) NIPPON Genetics Co, Ltd All Rights Reserved.