PCR酵素(ハイフィデリティー)

ハイファイDNAポリメラーゼ(KAPAHiFi DNA Polymerase)

試薬 >> PCR酵素・マスターミックス >> PCR酵素(ハイフィデリティー)

  • 製品概要
  • 仕様
  • 製品カタログ
  • 取り扱い説明書
  • 技術資料
  • アプリノート
  • FAQ
  • 参考文献
  • MSDS
  • ムービー
  • お知らせ

概要 お気軽にお問い合わせください

◆1億種類以上の独自変異株から選抜された全く新しいエンジニア酵素
◆増幅性と正確性を両立した新酵素採用 (融合タンパクではありません)
◆高い正確性と卓越した伸張性 (30秒/Kb)
◆増幅困難なテンプレートにも対応 (GCリッチ専用バッファー付属)

KAPA HiFi DNA Polymerase / HiFi HotStart の特長

●Ultraハイフィデリティーでありながら、HiFi最速レベルの伸張性

参考文献

1)
Angel M, Yanik MF (2010) Innate Immune Suppression Enables Frequent Transfection with RNA Encoding Reprogramming Proteins. PLoS ONE 5(7): e11756. doi:10.1371/journal.pone.0011756
先天的免疫抑制が再プログラミングタンパクをコードするRNAによる高頻度トランスフェクションを可能にする。

2)
Minakshi Guha et al., Differential strand separation at critical temperature:A minimally disruptive enrichment method for low-abundance unknown DNA mutation, Nucleic Acids Research, 2012, 1–9 doi:10.1093/nar/gks1250 (2012)
DSSCT(Differential strand separation at critical temperature)法:低含量の未知のDNA変異解析に向けた最低限に影響を抑えたエンリッチ手法

<リンク先>*以下のリンク先よりpdfを無償でご覧いただけます。
Differential strand separation at critical temperature:A minimally disruptive enrichment method for low-abundance unknown DNA mutations

3)
Naomi Park* et al,
An improved approach to mate-paired library preparation for Illumina sequencing,
Methods in Next Generation Sequencing. Volume 1, Pages 10–20, ISSN (Online) 2084-7173, DOI: 10.2478/mngs-2013-0001, July 2013

*Wellcome Trust Sanger Institute, Hinxton, UK.
「Illumina社次世代シーケンシングにおけるメイトペア・ライブラリー調製法の改良」

<リンク先>
この論文のリンク先はこちらになります。このページから直接ダウンロードできます。

KAPA HiFi HotStart ReadyMix の特長  

GC/ATリッチPCRに!!
●便利な2xマスターミックスで、簡単・迅速にPCRが可能
独自の酵素安定化剤により、凍結融解の影響をほとんど受けません。
●ホットスタート機能つき

参考文献

1)

英国 Wellcome Trust Sanger研究所において、KAPA HiFi DNA polymerase(KAPALibararyAmplificationKit)によるNGSライブラリーのバイアス低減の有用性が検証されました。

(1)
Samuel O Oyola* et al., Optimizing Illumina Next-Generation Sequencing library preparation for extremely AT-biased genomes, BMC Genomics 13:1, (2012)
 *Wellcome Trust Sanger Institute, Hinxton, UK.
「Illumina社次世代シーケンシングにおけるATリッチなライブラリー調製の最適化」
(右 【関連情報】 の参考文献よりダウンロード可能です。)

(2)
Michael A Quail* et al., Optimal enzymes for amplifying sequencing libraries, Nature Methods 9, 10–11 (2012)
*Wellcome Trust Sanger Institute, Hinxton, UK.
「次世代シーケンスにおけるライブラリー増幅に最適な酵素」

2)
Samuel Kvarnbrink et al, The biological importance of LRIG1 in lung cancer, 2012-06-04, Umeå University, Sweden
「肺がんにおけるLRIG1の生物学的重要性」
(右 【関連情報】 の参考文献よりダウンロード可能です。)

(1)
Samuel O Oyola* et al., Optimizing Illumina Next-Generation Sequencing library preparation for extremely AT-biased genomes, BMC Genomics 13:1, (2012)
 *Wellcome Trust Sanger Institute, Hinxton, UK.
「Illumina社次世代シーケンシングにおけるATリッチなライブラリー調製の最適化」
(右 【関連情報】 の参考文献よりダウンロード可能です。)
(2)
Michael A Quail* et al., Optimal enzymes for amplifying sequencing libraries, Nature Methods 9, 10–11 (2012)
*Wellcome Trust Sanger Institute, Hinxton, UK.
「次世代シーケンスにおけるライブラリー増幅に最適な酵素」
【参考文献?】
Samuel Kvarnbrink et al, The biological importance of LRIG1 in lung cancer, 2012-06-04, Umeå University, Sweden
「肺がんにおけるLRIG1の生物学的重要性」
(右 【関連情報】 の参考文献よりダウンロード可能です。

仕様 お気軽にお問い合わせください

◆伸長スピード(目安)
15sec / kb(1kb以下)、30-60sec / kb(1kb以上)

製品カタログお気軽にお問い合わせください

KAPA HiFi DNA Polymerase/日本語
公開日:2013年11月06日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:1.87 MB
ダウンロード
KAPA HiFi HotStart Readymix/英語
公開日:2011年02月04日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:1.33 MB
ダウンロード
KAPA HiFi HotStart DNA Polymerase/英語
公開日:2010年01月19日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.84 MB
ダウンロード

取扱説明書お気軽にお問い合わせください

KAPA HiFi HotStart Readymix/英語
公開日:2017年02月21日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.15 MB
ダウンロード
KAPA HiFi HotStart DNA Polymerase/英語
公開日:2017年02月21日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.14 MB
ダウンロード
KAPA HiFi DNA Polymerase/英語
公開日:2017年02月21日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.14 MB
ダウンロード
KAPA HiFi HS ReadyMix/日本語
公開日:2011年05月23日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.21 MB
ダウンロード
KAPA HiFi/日本語
公開日:2010年05月28日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.9 MB
ダウンロード

技術資料お気軽にお問い合わせください

KAPA ReadyMix製品の安定性試験データ/英語
公開日:2013年02月25日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.56 MB
ダウンロード
Site-direcred Mutagenesis/英語
公開日:2010年01月19日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.7 MB
ダウンロード

アプリノートお気軽にお問い合わせください

KAPA HiFi HotStart 酵素を用いた少数T細胞(25~400個)からの遺伝子増幅/日本語
公開日:2016年07月13日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.64 MB
ダウンロード
野生動物糞便抽出物をテンプレートとした16S rRNA gene PCR/日本語
公開日:2014年10月16日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.8 MB
ダウンロード
分裂酵母のrif1遺伝子欠失ミュータントのスクリーニング/日本語
公開日:2014年02月03日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.51 MB
ダウンロード
インバースPCRによるポイントミューテーションの導入/日本語
公開日:2014年01月29日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.64 MB
ダウンロード
ヒト癌細胞由来cDNAサンプルからの標的遺伝子のクローニング/日本語
公開日:2013年07月24日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.44 MB
ダウンロード
ヒト平滑筋細胞由来cDNAサンプルからの特定遺伝子のクローニング/日本語
公開日:2013年07月24日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.42 MB
ダウンロード
PCRによるHIV薬剤耐性検査/日本語
公開日:2013年03月08日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.49 MB
ダウンロード
Roche454によるHIVディープシーケンス/ワシントン大学/英語
公開日:2012年07月27日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.63 MB
ダウンロード
NGS ATリッチライブラリー調製の最適化/サンガー研究所/英語
公開日:2012年02月28日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:1.44 MB
ダウンロード
HumanTGFBR2 mutation analysisによる正確性の検証/日本語
公開日:2011年04月08日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:1.23 MB
ダウンロード
3-7kb長鎖マルチプレックスおよび高正確性増幅/英語
公開日:2010年08月10日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.28 MB
ダウンロード
PCRの正確性と増幅性能の両立/日本語
公開日:2010年05月28日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.96 MB
ダウンロード
NGSライブラリー増幅による正確性検証データ/英語
公開日:2010年01月19日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.76 MB
ダウンロード
NGSライブラリー調整のバイアス低減と正確性の重要性/英語
公開日:2010年01月19日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:3.97 MB
ダウンロード

FAQお気軽にお問い合わせください

KAPA Library Amplification Kitについて教えてください。これまでilluminaの純正オリゴを使ってきたのですが、今回からNebnext Singleplex Oligos for Illuminaを使うことになりました。KAPA LAキットはgenomic DNA用のプロトコルを使用しています。Nebnext Singleplex Oligos for Illuminaを使用した際、反応液の組成やPCRプログラムをどのようにさせてもらえば良いのか教えてください。
基本的にはこれまでの純正オリゴアダプターで実施されていらっしゃった場合と同じ反応組成およびプログラムで問題ないかと存じます。

(詳細)
Nebnext Singleplex Oligos for Illuminaのキット内容を確認しましたところ、ループ状のアダプターと、ループを切断する酵素、増幅用プライマーのセットになっておりました。
したがいまして、アダプターをライブラリーにライゲーションしてループを切断してしまえば、基本的には純正と近い形状のライブラリーになるかと存じます。

その後のステップについては特に注意点等の記載がありませんでしたので、純正の場合と同じステップで
進めて良いかと存じます。

以上のように、KapaLAKitに関しては、その後の増幅ステップで使用いたしますので、
増幅用のプライマーをNebnext Singleplex Oligos for Illuminaのプライマーに単純に置き換えていただければ、基本的には同じようにご使用いただけるかと存じます。

このマスターミックスに含まれているMgとdNTPの終濃度を教えて下さい。
dNTPは各々どれくらいで4種類まとめてどれくらいかという風に教えていただけますか?
KapaHiFi HotStart ReadyMix(マスターミックス)のMgとdNTPsの終濃度は以下のとおりとなります。

  (1x)最終濃度
  2.5 mM MgCl2
  1.2 mM dNTPs (各0.3 mM)

下記の取扱説明書の2ページ左側にも記載がございますので、ご確認ください。
http://www.kapabiosystems.com/public/pdfs/kapa-hifi-pcr-kits/KAPA_HiFi_HotStart_ReadyMix_TDS.pdf

KAPA HiFi HotStart ReadyMix PCR Kitsは国内で対象になるような法令は
あるでしょうか(消防法の危険物に該当など)?
あらためましてMSDSにて確認いたしましたが、本製品には国内法規に
抵触するような成分は含まれておりませんでした。

念のために、製品詳細ページ“MSDS”タブにございます、MSDSをご確認いただけますようお願い申し上げます。

なお、厳密に申し上げますと、実際にはGlycerolは消防法で対象となる成分ですが、
容量が少ないために(指定数量未満のため)、規制を受けることはございません。

KAPA HiFi DNA Polymeraseで増幅したフラグメントはTAクローニング可能でしょうか?
大変恐れながら、本酵素で増幅したフラグメントは平滑末端となっておりますため、
そのままではTAクローニングにはご使用いただけません。
大変申し訳ございません。

Kapa社からは、KapaHiFiのPCR産物のTAクローニングの応用には、下記の方法を
ご案内させていただいております。
また、市販のA-Tailing用キットなどをご使用いただくことも可能です。

●Taqポリメラーゼを使用して平滑末端の増幅産物にAを付加する方法

(1)市販のスピンカラム精製キットでPCR産物を精製します。
  * KapaHiFi酵素を除去しないと、以下で付加したA末端が再び平滑末端に戻ってしまいます。
  * 精製キットは、下記の製品がお勧めです。大幅なコストダウンが可能です。
    FastGeneGel抽出/PCR産物精製キット
    http://www.n-genetics.com/product_detail.html?item_id=4482

2)50μlのA-Tailing反応液を調製します。
   10mM dATP         1μl *dNTPsではありませんのでご注意ください。
   Taq polymerase(5U/μl)  0.2μl(1 Unit)
   10x反応バッファー     5μl *終濃度1.5mMのMgCl2添加を推奨します。
   (1)で精製したPCR産物   Xμl
   PCRグレード蒸留水     Yμl⇒50μlへメスアップ

  * Taq polymeraseは、以下の製品がお勧めです。
    BIO-21040  BioTaq DNA polymerase  500 units ¥15,800
    http://www.n-genetics.com/product_detail.html?item_id=4099

    (ご注意)本製品の場合、10x反応バッファーにMgCl2を含みません。
    上記の反応組成について、別途、50mM MgCl2溶液 1.5μl(終濃度1.5mM)を
    添加してください。


(3)72℃で10分間インキュベートします。

(4)以上で、3’にdA付加された産物を含む反応液が得られます。

<補足>
PCRに使用される市販の酵素製品は、大きく分類すると、3タイプに分かれます。
 (1)Taq polymerase酵素をベースとした製品
 (2)3’-5’エキソヌクレアーゼ活性を持つ正確性が高い酵素をベースとした製品(KapaHiFiなど)
 (3)上記(1)と(2)の2種類の酵素の混合した製品(KapaTaqEXtraなど)

3' 末端にAを付加するのは、ほとんどの場合、Taq polymerase酵素が持つターミナル
トランスフェラーゼ活性によります。
ですので、通常は(1)と(3)で増幅した産物では、A突出末端の産物が得られます。
本製品は、正確性が高い(2)の酵素をベースとしたエンジニア酵素のため、正確性は高いですが、
ターミナルトランスフェラーゼ活性は持っておりませんので、末端は平滑となります。

GC含有率の高いターゲットの増幅に際して、5%のDMSO添加が良いとプロトコルにあります。

(1)ターゲットのGC含有率や長さのわからない場合(inversePCRなどの未知領域を増幅する場合など)、DMSOを添加すべきでしょうか。

(2)また、一般的に、DMSO添加による不都合等はありますでしょうか。
(1)
GC含有率が高い配列であっても、必ずしもDMSOを添加する必要はありません。
サンプル量や増幅サイズなど、様々な条件によりますが、問題なく増幅する場合には
添加の必要はありません。
GC含有率や長さが不明な場合、まずは5%DMSOを添加せずにお試しいただき、
結果を見てから判断するのが一般的かもしれません。
また、初めから「5%DMSOあり」「5%DMSO」なし、の2種類の条件を同時に
お試しいただくのもひとつの方法かと存じます。

(2)
DMSOを添加した条件での、アニーリング温度の最適化が必要となる場合があります。
正確性については、ほとんど影響はありません。

(詳細)
一般的に、GC含有率が高い配列の増幅では、増幅し難いケースや、非特異増幅が出てしまう
ケースがあります。
アニーリング温度の最適化だけでは改善できない場合もあるため、最適化のひとつの方法として
5%DMSOを添加いたします。

 1)GC含有率が高いターゲット増幅の問題点
 GC含有率が高い配列では水素結合が強いため、サイクルプログラムのプライマーアニーリング時に
 以下のような問題が発生する場合があります。
 ・テンプレートやプライマーにおいて、GC含有率が高い部位同士が自己アニールしてしまい、
  高次構造を取ってしまう。 ⇒増幅が悪くなる
 ・GC含有率が高い別の領域に非特異的にアニールしてしまう。 ⇒非特異増幅が発生する

 2)DMSO添加の効果
 シトシンと結合することで、GC間の水素結合を弱めます。これにより上記 1)のような問題点を
 解消します。

 3)DMSO添加による不都合な点について
 通常、DMSOを添加すると、水素結合が弱くなるため、Tm値が低下します。
 (GC含量50%の一般的なプライマーではDMSO添加濃度1%あたり約1℃低下します。)
 これにより、そのままのアニーリング温度設定では、アニーリングしにくくなり、増幅が
 悪くなる可能性があります。
 一方、プライマーとテンプレートの高次構造が解消されることで、新たに非特異増幅が
 発生する可能性もあります。
 そこで、DMSOを添加した条件での、アニーリング温度の最適化が必要となる場合があります。

MSDSお気軽にお問い合わせください

Kapa HiFi HotStart Readymix/英語
公開日:2011年02月04日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.1 MB
ダウンロード
Kapa HiFi HotStart DNA Polymerase/英語
公開日:2010年01月19日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.17 MB
ダウンロード
Kapa HiFi DNA Polymerase/英語
公開日:2010年01月19日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.15 MB
ダウンロード

ムービーお気軽にお問い合わせください

Kapaエンジニア酵素の開発手法“Directed Evolution”とは?



オーダー情報

在庫有り(6個以上) 在庫わずか(1~5個) お問い合わせください 受注発注品 別途送料請求あり 在庫無くなり次第販売中止 販売中止 返品不可
CatNo. 概要 単位 価格 在庫
キャンペーン中 お薦めマスターミックス!
KK2600 トライアルキット KAPA HiFi HS ReadyMix (20回用/25ul反応) 0.25ml ¥3,200
KK2601 KAPA HiFi HS ReadyMix (100回用/25ul反応)
キャンペーン中! 期間:2017年03月31日まで
1.25ml ¥12,800
¥10,000
KK2602 KAPA HiFi HS ReadyMix (500回用/25ul反応)
キャンペーン中! 期間:2017年03月31日まで
6.25ml ¥52,100
¥35,000
KAPA HiFi DNA Polymerase
KK2101 KAPAHiFi DNA Polymerase (dNTPsミックス付き) 100units ¥15,900
KK2102 KAPAHiFi DNA Polymerase (dNTPsミックス付き) 250units ¥31,900
KAPA HiFi HotStart DNA Polymerase
KK2501 KAPA HiFi HotStart DNA Polymerase(dNTPsミックス付き) 100units ¥17,000
KK2502 KAPA HiFi HotStart DNA Polymerase(dNTPsミックス付き) 250units ¥37,200

この商品を見た人は、他にもこの商品を見ています。

ページの先頭へ戻る

Copyright(C) NIPPON Genetics Co, Ltd All Rights Reserved.