マイクロ・ディッシュ35mm

マイクロ・ディッシュ35mm(μ-Dish 35mm)

消耗品・器材 >> 細胞培養・細胞観察器材 >> マイクロ・ディッシュ35mm

  • 製品概要
  • 仕様
  • 取り扱い説明書
  • 技術資料
  • アプリノート
  • FAQ
  • ムービー

概要 お気軽にお問い合わせください

◆タイムラプスに最適です。 
◆細胞の生存性が飛躍的に向上します。 

・ibiTreat=ガラス製より細胞接着性が良好。

・接着剤不使用=低い細胞毒性  
・ガス透過性プラスチック底=細胞培養効率が向上  
・ロック付蓋=蒸発を最小限に防止します。 
・低い自家蛍光=蛍光観察が可能。

●低ウェル壁
広いエリアにアクセス可能。
パッチクランプやマイクロインジェクションに。
●高ウェル壁
2mlまでの培地の使用が可能。
長期間培養に。 

【ご注意】
本製品は、ミネラルオイルには適合しておりませんので、ご注意ください。
オイル重層が必要な場合、推奨のシリコーンオイルをご使用ください。
推奨製品:シリコーンオイル AR 200 (シグマ アルドリッチ ジャパン株式会社;カタログ番号85419)
詳細についてはお問い合わせください。


** ibiTreat=接着細胞用表面処理


ibidi社 採用文献検索ページ (下記アドレスより、ibidi社製品の採用文献の検索が可能です)
http://www.ibidi.com/module/ibidireference/reference


本製品の文献リスト(絞り込み検索結果)はこちらです。

仕様 お気軽にお問い合わせください

・直径: 35 mm
・培養エリア: 3.5 cm2
・観察エリア: 21 mm(直径)
・底面厚: 175μm
・滅菌方法: EOG滅菌
・屈折率: 1.5 
・耐熱温度: 60℃以下
・表面特性: 疎水性(未コーティング表面)

・材質: 生体適合性樹脂(ガス透過性, 耐酸性, 耐アルカリ性, 耐粉砕性(shatter proof))
*アセトン、メタノール 、DMSO、ホルマリンなどが使用可能です。

・光学特性: 微分干渉(DIC)顕微鏡、 位相差(PC)顕微鏡、 TIRF(全反射蛍光)顕微鏡でも使用可能、 油浸レンズ使用可能

取扱説明書お気軽にお問い合わせください

ibidi_µ-Dish 35 mm, high/英語
公開日:2017年06月16日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.64 MB
ダウンロード
ibidi_µ-Dish 35 mm, low/英語
公開日:2017年06月16日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.59 MB
ダウンロード
ibidi ibidi製品のコーティング手順/日本語
公開日:2012年07月26日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.87 MB
ダウンロード
ibidi u-Slide, u-Dishのコーティング法/英語
公開日:2011年09月19日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.06 MB
ダウンロード
ibidi 3D培養のためのコラーゲンI ゲルの調製方法/英語
公開日:2011年09月19日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.05 MB
ダウンロード

アプリノートお気軽にお問い合わせください

初代培養ラット網膜神経節細胞のタイムラプス観察/日本語
公開日:2012年06月19日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.82 MB
ダウンロード
初代培養ラット大脳皮質アストロサイトのCa+イメージング/日本語
公開日:2011年08月19日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:2.95 MB
ダウンロード
初代培養ラット大脳皮質アストロサイトの蛍光免疫染色/日本語
公開日:2011年05月17日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:1.25 MB
ダウンロード

FAQお気軽にお問い合わせください

ib81156とib81151の違いは表面コーティングの状態と理解しています。
実際に、細胞培養に用いた場合は、細胞の種類や培養条件でどのように使い分けられているのでしょうか?
本製品の底面は、ibidi社独自のプラスチック素材を使用した薄いプラスチックフィルムとなっております。
(独自プラスチックの特長として、屈折率、自家蛍光の低さなど、光学特性がガラス並です。)
このプラスチック表面は、そのままの未コーティングでは疎水性となっており、細胞が接着し難くなって
おりますので、何らかの表面処理が必要となります。

ib81151(未コーティング)
  プラスチック表面は疎水性です。
  接着細胞の培養の際には、コラーゲンコートなど、別途、コーティングいただく必要がございます。
  なお、コラーゲンやフィブロネクチンなどは、疎水性表面にコーティングしたほうがきれいに仕上がる
  場合があります。詳細は、以下のコーティングプロトコールをご参照ください。
  (コーティングプロトコール)
   http://ibidi.com/fileadmin/support/application_notes/AN08_Coating.pdf

ib81156(ibiTreat) 
  ガスプラズマ処理(ibiTreat処理)によりプラスチック表面を親水化しています。
  一般的な細胞培養用ディッシュやフラスコと同様の処理となっておりますので、これらに接着する
  細胞でしたら、そのまま同様にご使用いただけます。
  ですので、こちらの方が国内での使用実績は多いです。

*もしも油浸オイルによる高倍率での長期観察(タイムラプスなど)を実施されますでしょうか?
 油浸オイルの種類によっては、オーバーナイトなどで使用された場合に、油浸オイルの成分の影響で
 プラスチックが脆くなる現象が発生する場合があるようです。
 もしもご検討されていらっしゃる場合は、念のために予備テストを実施いただけますようお願いいたします。
 なお、上記説明書の3ページにも記載がございますので、ご確認ください。

ibidi社 フィルムボトムμ-Dish 35mmを検討しています。
赤外透過率のデータはありますか?
ibidi社英文オリジナルカタログにデータの記載がございましたので、
抜粋を添付させていただきました。
「Transmission」のデータの緑色の曲線(ibidi_standard)が、該当いたします。
本製品ページの技術資料PDF(プラスティックフィルム透過率)をご確認お願いいたします。

マイクロディッシュ35mmは底面から液面までの厚みは175μmでしょうか。
本製品は、底面がibidi社独自のプラスチックフィルムとなっておりまして、そのフィルムの厚みが
カバーガラス#1.5に相当する175μmになっております。

ムービーお気軽にお問い合わせください

EVOS fl 顕微鏡を用いたHT1080のタイムラプス観察



オーダー情報

在庫有り(6個以上) 在庫わずか(1~5個) お問い合わせください 受注発注品 別途送料請求あり 在庫無くなり次第販売中止 販売中止 返品不可
CatNo. 概要 単位 価格 在庫
ib80136 μ-Dish 35mm Low(低ウェル壁) 800μl 表面処理 ibiTreat** 滅菌済 60個 ¥45,000
ib80131 μ-Dish 35mm Low(低ウェル壁) 800μl 未コーティング 滅菌済 60個 ¥45,000
ib81156 μ-Dish 35mm High(高ウェル壁) 2ml 表面処理 ibiTreat** 滅菌済
キャンペーン中! 期間:2017年09月30日まで
60 ¥45,000
¥28,000
ib81151 μ-Dish 35mm High(高ウェル壁) 2ml 未コーティング 滅菌済
キャンペーン中! 期間:2017年09月30日まで
60 ¥45,000
¥28,000

この商品を見た人は、他にもこの商品を見ています。

ページの先頭へ戻る

Copyright(C) NIPPON Genetics Co, Ltd All Rights Reserved.